映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、ワタシの興味関心の向く モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006  このblogはアフィリエイト広告等の収益を得ています。収益はすべてモノローグに役立つ無駄遣いに使わせていただきます。

確定申告:医療費控除 ダウンロードするには

確定申告は今週中。毎年ギリギリになってしまうので、学生にレポートや論文は早めに着手すれば焦りもしないし、楽、とか、どの口が言うのかと反省します。
確定申告で手間が掛かるのが医療費控除。かつては領収書を書き写すか、エクセルにコツコツ入力しなければいけないし、領収書なくしたりして(自業自得とはいえ)泣いていたのですが、マイナンバーカードを使うことで医療費控除が自動取得できるようになり大きく手間が軽減されるようになりました。(通院交通費やドラッグストアでの医薬品は連携外といったウイークポイントはありますが)。

マイナポータルと連携させることで、確定申告へ自動転記も可能なのですが、ワタシの場合、家族にマイナカード未収得のひとが居るので、医療費集計フォームを使って入力する必要があります。で、自分の分のデータはマイナポータルからダウンロード出来たと思うのですが(去年やった記憶がある)、なぜかうまく見付からずに苦戦しました。
あと5日間ですが、医療費控除用の医療費情報をExcelでダウンロードする手順を記録し、来年の自分への引き継ぎ事項としたいと思います。

iPhone(Androidでも同様と思いますが自信なし)にログインし、マイページ画面をスクロールすると、医療費項目があるので、ここをタップしてしまいましたが、これは罠で(?)医療費の年次グラフが表示されるのみです。
あちこちタップしても医療費一覧にはたどり着けません。

先ほどのマイページ画面に戻って、さらに下方にスクロールし、「その他のわたしの情報」をタップすると、画面が「わたしの情報」に遷移します。
ここで「▶ 健康・医療」をタップ。
遷移した画面で「医療費通知情報」をタップ。

すると「取得する情報の選択」画面に遷移するので
確認期間を(確定申告に使う場合)「2023年1月〜12月」に設定し、下方にスクロールして「表示する」をタップ。

ダウンロード画面に遷移しますが、デフォルトはPDFなので、「形式を選んでダウンロードする」をタップし、CSVに切り替えてダウンロードすると、CSVファイルがDLできます。めでたしめでたし。

ただ、ワタシの環境ではなぜかCSVが盛大に文字化けしていたので、PDFをダウンロードしてPDFからスプレッドシートで書き出して医療費集計フォームにコピペしました。
以上、来年の自分へ。

–Ads–

フリーランス&個人事業主のための確定申告 改訂第18版

フリーランス&個人事業主のための確定申告 改訂第18版

1,760円(04/18 06:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください