映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Mark IIの意味。EOS 5D Mk2

引っ張って引っ張って引っ張って、最後に思わせぶりなティーザーまで演出して登場したEOS 5D後継機は、文字通り後継機としてEOS 5D Mark IIという名で登場した。
EOS 3Dでも7Dでもなく、5D。
キヤノンが、デジ一眼で1D以外でMark IIをつけるのは初めてだ。
あえて、3や7の番号を残したのは、上位機あるいは普及機の場所を残したというヒトもいるけど、個人的にはその意見に懐疑的。キヤノンはすくなくとも今現在、カメラのセグメントを明確に規定しているのだと思う。
だから5Dのマーク2。
順当進化、という言い方が正しいのかどうかはともかく、地味なアップデート。サプライズはない。

5dmk2

ファインダーもα900ほど凝ってない。でも、そもそも銀塩時代のナンバー2、EOS 3だって視野率は97%だった。αのファインダーはすばらし(そうだ)と素直に思う。でも、そこがプライオリティか、と言われたら違う。
ニコンD700のメカとしての造り込みは凄くいい。先日、仕事でしばらくD300使っていて、やっぱニコンの「撮影する機械」としての魅力ってあるよなあ、と再認識した。でも、重いよ、私にとっては、1キロもあるボディ。。
ネットではそれらこの秋のフルサイズを並べて、勝った負けたが賑やかだ。
なんで?どうでもいいじゃん。
ニコンのボディも、ソニーのファインダーも羨ましいよ。でも、マウントごと買い換えるほどの魅力かといわれたらノーだ。それで、撮れる写真が自動的に数倍良くなるんなら考えるが(笑)。

自分の愛機が可愛いとか、自慢したいというのは分かる。
でも、だからといって、使ったこともない他社のカメラを貶めてなにが面白いのだろう?
オレのカメラはXXXだからこんないい写真が撮れたぜ、って自慢してればいいのだ。
EOS 5D MkIIは高画素になったからダメでしょ、って、それは、実際にEOS 5D MkIIを使った人間だけが言えることでしょ。
批評と誹謗は違う。

スペック的には尖ったところのないEOS 5D MkII。
もっとエッジが効いていたらなあ、と思わなくはないけど、機能的なサプライズに乏しい分、画質にエネルギーもコストも注がれたと信じよう(笑)。

もともとEOS 5D自体、突出した機能はないけど、フルサイズらしい画を1系の半分の価格で提供した画質的な評価の高いカメラだった。マーク2という控えめな名前と地味なスペックアップに相応しい、奇をてらわない高画質カメラに仕上がってると期待。期待通りだったら、きっと買っちゃう。。

–ADs–

【5年間延長保証対象(別料金)】キヤノン EOS 5D Mark II・ボディ【11月下旬発売予定予約受付中】

Comments (4)
  1. nano より:

    >マウントごと買い換えるほどの魅力かといわれたらノーだ
    そうですか?
    フィルムとデジタルはサイズは同じでも別物だと思いますし
    ニコンとソニーを同じ土俵で比較した上で無ければ
    そこ迄云うのはフェアでは無いです
    フルサイズセンサーを前提に開発された力作揃いの24-70F2.8と
    一緒に買うのなら尚更ですよ
    別に元?ツァイス教徒のニコンユーザーだから
    言っている訳では有りませんからね(笑)

  2. SAIKA より:

    あー、いやいや、ワタシの要求レベルにはどれも十二分に応えてくれるから、マウント乗り換えるだけのベネフィットがないって意味です。
    じっさい、ゼロから買うなら、自分なりの最適解はあると思いますが、既存の資産をリセットしてまで優劣があるとは思えない(そこまでの審美眼がない)んです〜

  3. nano より:

    すみません
    そう云う話だとは思いつつ
    つい熱くなってしまいました
    でも(笑)仕事で使うのなら更に安くなりそうな5Dで十分な気もしますし
    +αでならばマウントが違うのも有りかなと…

  4. SAIKA より:

    いえいえ、とんでもない
    そうですねー、5Dの最終価格に注目(笑)です。
    まだ、WEB上は「旧製品」になってないけど、40Dみたいに併売はしないですよね・・?
    >+αでならばマウントが違うのも有り
    ぎく、ぷらすあるふぁーまうんと(笑)になっちゃったら大変だ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください