映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

旅客機の定員削減でコスト圧縮になるの?

追記有り 

日航、旅客機定員削減を検討=ジャンボ2階閉鎖などでコスト圧縮狙う

R0011147

搭乗制限は、座席の一定区画に間仕切りを設けたり、B747「ジャンボ」の2階席を閉鎖したりして、一部の座席を「ないこと」にする。 

世界的に航空会社が悲鳴を上げているので、ホントに大変なんだと思う。

でもさ、一部座席を閉鎖するって、どのくらいコスト圧縮効果あるの?
定員が減る分、客室乗務員も減らして人件費抑制効果はあるんだろうけど、座席を取っ払って軽量化する(燃費改善)訳でもないだろうし、(空席分の)空気を運んでる状況はなんら変わらないよね。
例えて言えば、新幹線で車両は繋いだまま、XX号車はお客を乗せないで空車にしとく、ってことに近いはず。

これで「国内外の路線網を維持しながら、コストを圧縮する効果を見込む」ほどのコストダウンできる理由がワタシには分からないのだけど・・・、なんかワタシ、考え違いしてる?教えて、エライ人・・・。

クマデジタルさんに教えて貰った 大空の翼 管理者日記 に解説がありました。

う〜ん、まさに塵も積もれば・・的(それとも風がふくと的?)アプローチ

–ads–

コメント (4)
  1. Kumadigital より:

    ちょっとコピペできませんが、「アッパーデッキを閉鎖することにより」でググると出てきます。

  2. SAIKA より:

    うわ〜、ありがとうございます
    なるほど・・・

  3. あろ より:

    にしても、満席にして便数減らしたほうが…

  4. SAIKA より:

    あろさん
    そう思います。
    でも、便数減らすと、お客も減るんでしょうね
    1時間に1本しか来ないバス路線みたいなもんで・__

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください