映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

お正月に二千円札

お正月に、どこだかの店でおつりに出てきた二千円札。
現役の紙幣なのに、懐かしさを感じてしまうのは如何なものか(^_^;

Img_1496

そういえば二千円札って表面が人物じゃなくて、守礼門(首里城)なんですよね
沖縄、行きたいなあ・・・・
前に行ったのは、5年前かあ

170_7083

–ads–

Comments (3)
  1. Zap2 より:

    2000円札の最大の問題は、1000円札ときわめて間違いやすいことです。他のことについては、ナンの問題もないですし、2000円というおもしろいお札があるのも良いと思うのですが・・・。
    1000円札だと思ってレジで渡してしまったことかありますが、大損です。
    だからといって、おつりで1000円札として2000円札が戻ってくることはありません。
    レジでその間違いを起こさないように、一定以上の規模のお店では2000円札は、釣り銭に使わないで、レジの別の場所にしまうためです。

  2. SAIKA より:

    そうそう、だから(?)すぐに使いました
    2千円として(^^)

  3. MIKA より:

    ええ。
    二千円札って、「財布内滞在時間」が、極端に短い紙幣ですよね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください