映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

サクラカラー

サクラカラーって言われて、なんの違和感もないのは四十代以上かも知れない。
小西六(ほら、ATOKも変換できなかった)が、コニカになって、サクラカラーもコニカカラーになったのはもう20年以上も昔の話だ。

サクラカラーの赤外フィルムは一時、よく使った。

Kyoto_23

んでも、この看板、とても20年以上昔のものには見えないんだよなあ。
どんな秘密があるんだろ・・・

サクラカラーも分かる人は少なくなってるが、キドカラーとか言ったら、もっと知らない?
ポンパ君とか、蒸気機関車とか、夢中だったなあ
(当時、水戸の線路沿いに棲んでいたしね)

–ads–
サクラカラーでamazon検索すると、これが出てきて一瞬びびった(笑)

 ちゃんと犬用らしいデス(笑)

コメント (7)
  1. biomax より:

    キドカラー!!
    懐かしい。小学校3年だったと思う。ウチの田舎にも飛んできたですよ、飛行船!!
    校舎から大騒ぎしながら観た記憶が。

  2. Kiyo より:

    サイーカさん、
    懐かしい。
    何もかもが懐かしい。
    日立のキドカラーがくるならば、
    松下のクイントリックス、
    三洋のズバッと、ズバコン。

  3. MIKA より:

    このエントリーに、懐かしさのあまり「なつかし〜!」とか書き込むと、なんだかマズいような気がする...
    でもやっぱり、ナツカシー(^-^;)

  4. yana より:

    いやー、ホントに懐かしい!
    違和感の無い50前です.m(__)m

  5. SAIKA より:

    え〜と、ワタシのブログの年齢層が明らかになった瞬間ですね(笑)
    これからも、まったりとよろしくお願いいたします。

  6. sigh より:

    私も さくらカラー 懐かしい!
    初めて使ったカラーフィルムでした。
    フィルムは今ではプラスチックケースに入っていますが、当時は金属のケースに入っていました。そして、現像は箱に入っていた荷札がついた布の袋にいれて、ラボへ送り返したか?写真屋さんへ持っていきました。その現像システムもすぐに変わってしまいましたが。。。初めのさくらカラーフィルムはオレンジマスクでなく透明でしたね。
    写真を撮ってから見るまでわくわく感がありました。

  7. SAIKA より:

    sighさん
    ワタシはさすがに金属ケースの時代はしらない(記憶にない)です〜(笑)
    でも、ラボに送り返していたのは記憶にアリ。。。。(^_^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください