映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOS R ファーム 1.2.0で瞳AF 動画対応

以前から予告されていたキヤノン EOS R ファームウエア Version 1.2.0が公開されました。
大きな機能向上は3つ、他にバグフィックス。

EOS R Firmeare 1.2.0_5

・瞳AFでサーボAFができるようになります。(静止画撮影時)
・AFフレームサイズ「小」でサーボAFができるようになります。(静止画撮影時)
・瞳AF、AFフレームサイズ「小」で動画サーボAFができるようになります。(動画撮影時)

EOS R Firmeare 1.2.0_6

待望の動画撮影時の瞳AFを試してみました。
とは言っても、モデルがスタンバイしている訳ではないので(笑)、以前撮ったファイルをディスプレイ再生し、それをEOS Rで撮影、その背面液晶を別のカメラで撮影するという原始的な手法ですが、とにかく早く試してみたかったのでご容赦下さい。

EOS R Firmware 1.2.0 瞳AF動画 from SAIKA on Vimeo.

どのくらいのサイズから顔と認識し、どのくらいから瞳を識別するのか。
昼の場合、夜の場合、動きの大きな時・・・など、のヒントになれば。
おお、すごいね、と思う一方、SONYのαやパナのS1はもっと進んでいると聞きます(自分で持っていないので分かりません)。
とはいえ、EOS Rもここまで来た。と思うといい感じです。

EOS R Firmeare 1.2.0_7

デュアルピクセルCMOS AFはEOS Rの大きなアドバンテージ。EOS RPもコンパクトでいいなあと思うものの、やはりEOS Rで良かったというのがいまの気持ち。

EOS R Firmeare 1.2.0_8

年内に新しいEOS R系が出るのかどうかは分かりませんが、2020年まではEOS Rで戦えそうです。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください