映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、ワタシの興味関心の向く モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006  このblogはアフィリエイト広告等の収益を得ています。収益はすべてモノローグに役立つ無駄遣いに使わせていただきます。

コマフォト座談会:ファイルベースワークフロー

コマフォトことコマーシャルフォトが、11月?に出す予定の「プロフェッショナルのためのファイルムービー制作ガイド(仮題)」のための座談会が、明日夜、行われます。
より多くのプロの声を集めるためust中継も行われる座談会。
ustの番組ページには
「CM、ミュージックビデオ、Webムービーなどの映像制作現場にも、ファイルムービーの時代がやってきた。プロフェッショナルのためのファイルムービーの編集ワークフローについて、徹底的に語りつくす座談会。出席者は、斎賀和彦、鈴木まさる、高野光太郎、山本久之の4氏。」
とあります。はい。ワタシも参加させていただきます。

0908

座談会のアジェンダ(クリックで拡大します)
高野光太郎さんは、ずっと以前から気になっていた方だったが先日打ち合わせで初めてお会いしてとても嬉しかったし、思った通りのシャープなクリエイターだった。
(ワタシより10歳も若いのはショックだったが)

山本久之さんは、AppleStoreで講演を聴いて以来、オンラインオフライン含め多岐にわたり教えられることも多い知人。

鈴木勝さんは、白組のシステム部部長。もう白組ってだけでワタシなんかは一目置いてしまう。初めてお会いすると思ったら、twitterではフォローしあう間柄だった。すみません、白組の鈴木さんとは思ってなかったんです〜。

Img_7423

なんでそんなそうそうたるメンツにワタシなんか。。。という謙虚ぶるのは止めよう。他の方に較べると、重みでは負けるが体重では負けていない(笑)。このメンツに加われる幸運に感謝しつつ、内容の濃い座談会になればと思う。余談だが先日の顔合わせミーティングは、なんと5時間にも及んだくらい、話が尽きない面々である。少なくとも日本のファイルベース編集を語るとき、最適に近いメンバーであることは間違いない。

守備範囲がかぶりつつ、少しづつずれているのも良い感じ。

興味のある方は、是非。明日9月8日 20時〜 玄光社ust にて

–ads–

デジタル一眼ムービー (コマーシャル・フォト・シリーズ)

デジタル一眼ムービー (コマーシャル・フォト・シリーズ)

5,477円(06/21 12:14時点)
Amazonの情報を掲載しています
デジタル一眼ムービー完全攻略 (玄光社MOOK)

デジタル一眼ムービー完全攻略 (玄光社MOOK)

3,259円(06/22 03:01時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください