映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

巨大構造物に魅せられる-土木コレクション2011-

初台のオペラシティでアップルのセミナーを聴いた帰り道。
新宿で乗り換えるときに偶然出逢った展示会がこれ。

土木コレクション2011 HANDS + EYES  土木エンジニア ドローイング展 + ヌーヴォー展

Doboku_collection_01

土木学会による巨大構造物の図面、写真展示。
特に明治、昭和初期の精緻な図面に、当時の土木エンジニアの高い志とプライドの両方をみる。

Doboku_collection_02

会場が新宿駅西口イベント広場のため、開放的というか通路的というか、なのが良し悪しだ。

Doboku_collection_04

照明がコントロールされたギャラリーだったら泣けてきそうな図面たち。
そうなんだよなあ。
美しい自然の景色も好きなんだけど、ワタシはやはり人工物が好きなんだと思う。

橋を中心とした巨大な構造物。

Doboku_collection_05

Doboku_collection_03_2

それらは時に自然に挑むように、時に自然に調和するように作られ、エンジニア達が意識したかどうかはワタシには分からないが、凛とした美意識に貫かれている。

Doboku_collection_07

Doboku_collection_08

図面のラインの美しさ、にはぐっとくる。

Doboku_collection_06

いつか、これらの巨大構造物を撮る旅に出たいなあ。

Doboku_collection_09

土木コレクション2011 HANDS + EYES  土木エンジニア ドローイング展 + ヌーヴォー展は。24日までらしい。もう時間が無いけど、必見。

Doboku_collection_10

Doboku_collection_11

Doboku_collection_12

そのほか撮った写真および上掲写真の高解像度版はflickrにアップしてあります。
よろしければご覧下さい。
土木コレクション2011 HANDS + EYES

Doboku

写真は許可を得て撮っています。あまりに長い時間、いたせいか、関係者用?の図録を頂いてしまった(^_^;
ありがとうございました。

–ads–

Comment (1)
  1. yamaq より:

    自然モノでも、たいていのものは人間の手が加わっていると思います。その意味では世の中のほとんどのものは人工物だと思っています。
    日本の建造物は少しだけ年数が経つと作り替えてしまう風潮が多いのが残念ですが、ここにあるような建造物は、そんな現代を鼻で笑っているような気がします。
    素敵なモノばかりですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください