映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

クルマを替える

ウチのクルマは去年、生産が終了したトヨタのラウムだ。ちょうど2代目ラウムが登場し、下の子が生まれた年に買っているので、もうすぐ来月、丸9年。
さすがにそろそろいいよね、ということで車検を通さず、買い換えることにした。
ちなみに、下の子が生まれた2003年はPower Mac G5が登場し、その年からMacintoshの起動OSはOS Xのみサポートとなった年でもある。

raum_01

ラウムはよくできたクルマだった。
ユニバーサルデザイン、というのがなにか、正直分からないけれど、センターピラーのない(正確に言えばセンターピラーは助手席側ドアに内蔵)パノラマオープンな助手席サイド(結果的にこのクルマは左右非対称シャーシだ)に代表されるデザインは、「ドライビング」という趣味性は皆無だが、使いやすい移動手段としてはとても実用的だった。
子供が小さいウチは本当に楽だった。

でも、最初のクルマが日産スカイラインだったように、ワタシ、ホントはセダンやハッチバックが好きなんです。

raum_02

という訳で次のクルマはワゴンでもミニバンでもなく・・
ラウムともあと1ヶ月でお別れ・・・・のハズが・・・事件発生(続く)

–ads–

コメント (4)
  1. mn より:

    CT200h、悪くない選択だと思いますよ。
    白ですか。

  2. SAIKA より:

    あ、いえ、CT200hは妻に却下されたのです(笑)
    結果、選んだのは・・・近日、書きます・・・

  3. macchan より:

    お子さんの成長が、Macと連動・・・苦笑。
    それよりも、あのSAIKAさんが
    選び抜いたというクルマ、
    き、気になります。
    ハードル、上がってます・・・、きっと。

  4. 何を選ばれたのか、期待して待っています(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください