映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

恋は「ひとり」とだけなんて誰が決めたの?

いやいや、ワタシのセリフじゃないっすよ。

今日、風邪気味の身体をおして仕事先に向かう地下鉄の中でみた
an an の中吊りキャッチコピー

恋する気持ちって、誰にも止められないもの。自分の心に正直に恋愛すれば、いろんな人を同時進行で好きになって

     (Web:編集部からのメッセージ

そ、そーきましたか。
an anって、ファッション、化粧品、セックス、占い、をローテーションで回してるって認識だったのですが、ここまで踏み込むか〜

いまはどうだか判らないけど、ワタシが広告業界にいた80年代〜90年代、an anは、時代の空気感をもっとも巧くすくっていた。
ワタシの居たCMプロダクションの資料室には数年分のananバックナンバーが分類されていたし、事実、an anが消費行動をリードしていた時代はあった。
結構、ポップアートっぽくて面白かったよね。

う〜む、いま、an anを買う勇気はないけど、ちょっと読んでみたいぞ(笑)
目次を見ると

恋はたくさんしたいけど、彼のそれは許せません!
■ オトコの浮気をチェックする。

もう、オトコの論理ですなあ、

コメント (2)
  1. 森田勝里 より:

    私もこの中吊りを見て
    目が点になった口です
    セックス特集はうなずけましたが
    これはちょっと行き過ぎじゃないかなぁと
    思うのは歳取った証拠でしょうか(苦笑)

  2. SAIKA より:

    お互い歳をとったようで・・・(笑)
    一方で男性ファッション誌の中吊りが
    「夏のおしゃれアイテム、いち早くチェック」とかですからね〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください