映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

2013年のはじまりに

あけましておめでとうございます。

去年も書いたのですが、再録(笑)

クラウドの時代だそうですが、地に足を付けて行きたいと思います。

ええ、ニュー(イヤー)タイプじゃないので、脚は飾りなんかじゃないんです。
一歩一歩、愚直に。

ただ、時代の展開も、周囲の要求も加速し、通常のスピードでは対応できず
3倍速い機体への更新を求められているようです。
・・・という身の程をわきまえない機体に乗ると、それを扱うだけの能力に欠ける場合、かえって撃墜の危険が増すということになります。
一方で、モビルスーツの性能が本人の実力以上に寄与することがあるのは、ランバラルが語った通り。
アムロは、ガンダムだから生き延びることができたのだ、とも思います。

ので、EOS-1D C
機材の力が、実力にゲタを履かせてくれることを信じて。最強の機体に乗りましょう。
僕がいちばんうまくEOS-1D Cを・・ry

以前に作ったものですが、EOS 5D Mark IIによる夜明けのタイムラプス。

明けない夜はない。(終わらない仕事はある)
今年も、感性とテクノロジーの二頭立ての馬車で走ることを。

今年もよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください