映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、ワタシの興味関心の向く モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006  このblogはアフィリエイト広告等の収益を得ています。収益はすべてモノローグに役立つ無駄遣いに使わせていただきます。

雑誌付録のIncaseにMacBook Pro 14 が入る:MonoMax 5月号

雑誌の付録に豪華な(?)グッズが付くのはもう珍しくもないけれど、宝島社のMonoMax 5月号にIncaseのPCケースが付いている。13インチ対応と書いてあったので期待しなかったけど、MacBook Proの14inchが入ったという話。

Incaseと言えばアップルストアでも純正品のような顔をして売られているケースやインナーバッグ。そう高価くはない(多くは1万円以下)けど、相応の品質と質感を持ったブランドだと思っています(持ってないけど)。

それが1190円の雑誌の付録に付いてるとは。いくらオマケでもあまりにチャチだとブランドイメージ毀損するけどなと思いつつ、買ってみました。ただ、表紙にも13インチ対応と書かれているし、自分のMacBook Proは入らないと思いつつ、周辺機器等のインナーバッグとして使えばいいかと。

二つ折りになってボール紙の箱に入っていたケース。

ぐるっと全面的に開くのは◎。間仕切りメッシュ等もちゃんと配置されています。

で、MacBook Pro 14inch(M1)を入れて見たら、あれ?すんなり入ります・・。
いいじゃん(笑)

MacBook Pro 14inch
USB-C to C 充電ケーブル / USB-C to Lightningケーブル
60W ACアダプタ / Thunderbolt SSD
ペン / ポストイット を入れて見ました。

その状態でこんな感じ
Incaseロゴのある下部はベルト状になっていて

持つときに手が掛かって安定する。この辺は1190円のオマケとは思えない造りで素晴らしい。

中のメッシュも高品位とは言わないけれどチープでもない。

細かくメッシュポケットが分かれているのも◎。

全体的に薄手なので耐衝撃性はナイと思うけれど、その分、軽量でインナーバッグとしてはイイ感じ。

ちなみに、MonoMax 5月号、通常販路版はこのインケース製バッグが付録だけど、セブンイレブン系販路の増刊号は、なんとメガドライブバッグ。
思わずセブンイレブンに走ろうかと思ったけど、ネタとしては欲しいけれど、実際に使うかというと微妙なので自粛しました。

という訳で、雑誌の付録にIncaseがついて、MacBook Pro 14インチが入るよと言う話でした。
この手の付録メインの雑誌の収益構造ってどうなっているんだろう・・・?

–Ads–

MonoMax(モノマックス) 2023年 5月号

MonoMax(モノマックス) 2023年 5月号

2,000円(05/19 06:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメント (2)
  1. しもた より:

    Macbookまだまだ入手してないけど
    気になる。iPadは持ってるので。
    まあ、300均にiPad用のは売ってるみたいだけど。キャンプ用品なんかも良いのが付いてるので最近気にはしていたけど。
    明日帰り道、チェックしてみようかな。笑

    1. SAIKA より:

      なるほど! >300円均一ショップか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください