映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

春のカメラバッグ選び(昨年):ピークデザインエブリデイメッセンジャー13

一昨日のクマデジタル 春になるとカメラバッグ欲しくなるよねー(昨年)で、クマデジさんが1年前にPeak Design Everyday Messenger 13(V1)を買っていたことを知りました。そして相変わらず奇遇ですが、ワタシも同じような時期にピークデザイン エブリデイメッセンジャー 13を買っていたのでした(ただしV2)。

Peak Design EveryDay Messenger 13_01

V1からV2へは外観も中身も大きく変わらないキープコンセプトです(ちょっと丸くなった?)。が、表面の質感はかなり変わったと思います。そしてカラー展開もV1はチャコール、タン、アッシュ(クマデジさんはマッシュもといアッシュ)でV2はアッシュとブラックになりました。V1にあった15モデルは廃止、13モデルのみです。

Peak Design EveryDay Messenger 13_02

中の基本構造は同じですが、V1にあった上面のジッパー開口部は廃止、大きなフラップのみになりました。
クマデジさん(V1)は「パソコンは入りません。」と書いていますが(現在は訂正されています)V2では、厚めの隔壁をもったPCスリットが用意され、文字通り13(inch)のMacBook Proが入ります。

Peak Design EveryDay Messenger 13_03

ピークデザインエブリデイバックパックから伝統のFlexFoldディバイダー(折り紙型仕切り)を使うと、レンズを2段重ねで格納したりカメラボディが沈まないようにグリップを引っかけたりできるので、バッグ内の空間を有効に使えます。

Peak Design EveryDay Messenger 13_04

EOS R + RF24-105mmF4L 738g + 700g
RF35mmF1.8  305g
RF85mmF2. 500g
RF70-200mmF4L 695g
MacBook Pro 13inch  1600g
に予備バッテリーやその他が入りますが、これだけで4.5kg超え、

Peak Design EveryDay Messenger 13_05

エブリデイメッセンジャー 13単体で約1200gあるので、あわせて6キロ級になると、腰に負担が大きいので目一杯入れるのは止めましょう・・(クルマ移動ならありかな < 軟弱なワタシ)

Peak Design EveryDay Messenger 13_06

ブラックバージョンは金具も含めすべてマットな黒で渋いです。(その分、擦り傷や汚れは目立ちますが)

Peak Design EveryDay Messenger 13_07

タグもステルスのように付いています。

Peak Design EveryDay Messenger 13_08

側面には同社のキャプチャーを装着でき、プレートを着けたカメラをマウント出来ます。

Peak Design EveryDay Messenger 13_09

ただ、重量バランスが偏るのと、歩きに連れ振れて気になるので、個人的には両手を空けたいときの一時的なカメラホルダーだと思っていて、移動時には使っていません。

Peak Design EveryDay Messenger 13_10

キャプチャーは黒とシルバーと持っているので当然黒の方が馴染みますが、馴染みすぎて何かにぶつけるとまずいのでシルバーを装着することが多いです。というか、街中では基本、使いません。

Peak Design EveryDay Messenger 13_11

細かいところにポケットが充実しているのも同社バッグの特徴ですが、フラップを開けずに使えるポケットは側面の細い縦ポケット(ジッパー付き)のみでiPhoneが入らないのですよね・・。背面のスリットがキャリーバッグのハンドルを通す仕様なのだけど、この底面をジッパーにしてくれたら普段は地図やメモを突っ込んでおく大型ポケットになるのになあと思います。V3では是非。

Peak Design EveryDay Messenger 13_12

という、昨年買ったカメラバッグの話でした。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください