映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

THETA Sに便利なクネクネ三脚

初代THETAの時は、プレート型三脚やミニ三脚、テーブルトップ三脚を主に使っていたけれど、今回、THETA Sの試用では93円(当時)で買ったiPhone 用クネクネ三脚が大活躍だったのでメモ的にレビュー。

THETA S & くねくね三脚_01

これ、今年の6月に新しもの好きのダウンロードで紹介されていた特価品。
iphone用三脚ホルダー デジカメスタンド スマホ対応 モバイル iphone5 アイフォン5 クネクネ三脚
なんだけど、iPhone 5とあるだけに、ホルダー部分がiPhone 6 Plusにはギリギリで厚みのあるケースを装着していると入らない!ので、実質的に放置していたモノ。

ホルダー部分を外すと普通の細ネジ(1/4inchネジ)の脚となる。

THETA S & くねくね三脚_02

さらにミニ三脚だと直径10数センチの接地面が要るけれど、くねくね三脚だともっと小さいフットプリントでも使えるし、さらに巻き付けるところがあれば高さも稼げる。
まあ、ちゃちな構造なので重さのあるカメラは論外なんだけど、THETA Sは重量が125gしかないし、iPhoneからリモートレリーズしたら、レリーズ時の揺れもないし、実用十分。

THETA S & くねくね三脚_03

まあ、自撮り棒で伸ばすのもTHETA向きだとは思うけれど、セルフィー棒NGな場所も増えてきているし、ちょびっと恥ずかしいし。
で、半年前に93円で買ったコレが、いまは幾らかというと・・・ええっと、予備買っておこうかな(笑)

KITTE Xmas – Spherical Image – RICOH THETA

それにしてもTHETAとTHETA Sは別物のように画質が上がりましたね。
写真はKITTEのクリスマスツリー 2015版。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください