映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

OM-D E-M1 Mark II SDカードスロットの向きが変わった

細かいというか小ネタですが、OM-D E-M1 Mark IIはSDカードスロットの向きが反対になっています。

OM-D E-M1II & M5 II_01

写真奥がOM-D E-M5 Mark II、手前がOM-D E-M1 Mark II。

OM-D E-M1II & M5 II_02

OM-D E-M5 Mark IIはSDカードの端子面が手前、つまりカードラベルが奥になります。
これは初代のOM-D E-M1 (Mark I)も同じ。

OM-D E-M1II & M5 II_03

OM-D E-M1 Mark IIは手前にラベルが来るように変更されたので、カード挿入時になんのカードを入れているか、把握しやすくなりました。
なにしろ、OM-D E-M1 Mark IIはデュアルSDカードスロットではあるものの
「SDXC UHS-IIに対応するのは上のスロットのみ」だから。
下のスロットにUHS-IIのカードを刺しても、UHS-I相当の速度しかでません。

OM-D E-M1II & M5 II_04

ただし、スロットが逆になった影響か、OM-D E-M5 Mark IIではボディ側面中程にあったカードスロットが

OM-D E-M1II & M5 II_05

OM-D E-M1 Mark IIではボディ後端にズレていて、慣れの問題もあるかもですが、カード挿入時に戸惑う自分がいます。

OM-D E-M1II & M5 II_06

なお、1スロットのOM-D E-M5 Mark IIですが、そのスロットはUHS-II対応です。
にしても、SD,SDHC,SDXCはいいにしても、UHS-I、IIに、さらにUHSスピードクラス(現状、1か3)に従来のスピードクラス C6とかC10とか。
そしてもうすぐ新しいビデオスピードクラス対応カードが出てくるはず(表記自体は始まっています)。これ、それぞれに互換性はない(?)んですよね?(ある程度、対応関係にはなっている)まったく何考えているのやら・・・。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください