映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

円筒形Mac Proの終わりのはじまり

Macお宝鑑定団ブログ記事「Apple幹部、今年後半に新型iMacを、来年以降に新型Mac Proを発売することを明らかに」より

・来年以降に新型Mac Proを販売する。デザインと設計方針は一新される。
・新しい外付け液晶ディスプレイを発売する計画がある
・今年後半に、Proユーザー向けの新型iMacを発売する。

が主な内容。

Mac Pro_03

>Mac Pro (Late 2013)は、完成されたデザインと設計方法に問題があり
まあ、そういうことになるよね、結局。GPUはもちろん、メモリーだって増設が現実的な価格帯で提供されなかったわけだし。
現行の筒型というか、円筒形のMac Proはこれで終焉ですか。Cubeも1代限りだったけれど、Tubeも1代限りの徒花か。

BookArc for Mac Pro_11

と思ったら、Mac Proがサイレントアップデート。ほぼ、1ランク分の価格を下げたラインナップになっていた
この価格だと、相応にC/P高いなあと思うものの、Thunderboltも2のままだし、USBはType-Cじゃないだけでなく、USB3.1ですらないUSB3。
これは今年後半に出るというプロユーザー向け?のiMacに水をあけられること必至だよなあ。

Mac Pro_01

それはともかくとして
>新しいMac Proは、ハイエンドCPUとGPUの換装が可能なモジュラー方式を採用する予定
とすると、タワー型あるいはミニタワー型へMac Proが回帰するのは間違いないところ。

ストレージの急速なSSD化をみると、また、現行MacBook Pro Late 2016の内蔵SSDの速度を思うと、3.5inchベイを複数ぶら下げる拡張性は持たないように思うけれど、SSDスロットを複数持って内蔵SSDのRAID化はしてくるかもしれない。
HDDは外付けのRAIDとして大容量ニーズに応える方向か。G-TechnologyやPROMISEといったハイエンドストレージベンダーの動向が気になるところ。

Mac Pro_02

とりあえず2017年中にMac Proが刷新されることはなくなった、のは分かった。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください