映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

RF28-70mm F2L USM

RFマウントレンズ、第一陣で最後に発売開始されたのが、RF28-70mm F2L USM。
現時点でアナウンスされていたRFレンズの中で、もっとも重く、最も高価く、そして他社を含め過去に例のない(よね)フルサイズ標準ズームでF2通しのAFレンズ。
(コメントでシグマ24-35mmF2の存在をお教え頂いたので訂正しました)

RF28-70F2L

ってか、標準ズームで1.4キロ(公称質量1430g)って。
もうEOS Rだと重心バランス悪すぎて(笑)バッテリーグリップが欲しい。

東京は雨。
寒いけれど、雪になるほどの寒さではないので、ホワイトクリスマスは実現しないようです。

SUBARU_XV_121

SUBARU_XV_122

–ads–

コメント (4)
  1. 通りすがり より:

    24-70mmではありませんがSIGMAにフルサイズで24-35mmのF2通し、
    APS-Cでは18-35mmと50-100mmの2本のF1.8通しがありますね。
    一部制限があるようですがEOS Rでもマウントアダプター経由でOKだとか。

  2. SAIKA より:

    うわ、ホントですね。
    完全に見落としていました。
    ありがとうございます。本文、書き直しました!

  3. フォーサーズ現役 より:

    ちょっと違いますが、実質24-70相当である、オリンパス ズイコーデジタル ED 14-35mm F2.0 SWD もこのクラスと思います。

  4. SAIKA より:

    おお、たしかに!
    OM-Dユーザーとして見落とし恥ずかしい
    今回はフルサイズとしては、ということでお許し下さい☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください