映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

薄くて厚い大気圏

宇宙で母の悲報 帰還予定延び

柄にもなくと言われそうだが、ときどき、夕闇の空を横切るISS(国際宇宙ステーション)を見るのが好きだ。
計画の2010年はとうてい無理で、本当に完成するかどうかも疑わしくなってきたISSだが、現在、人類が唯一、宇宙空間に持っている橋頭堡には違いない。

完成しても6人が滞在できるに過ぎないISSで任務中に、地上での母の死を知るって、哀しい話だなあ
(MOONLIGHT MILEに、ほとんど同じエピソードがある)

ISSはわずか90分で地球を回るが、地上とISSを隔てる大気圏は薄くて、厚いのだなあと再認識。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください