映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOS 50Dのボディ内補正機能

EOS 40Dを異例の短命機種にしてもなお、発表されたEOS 50D
前回の40Dが発表から発売まで10日足らずだったのに対して今回は1ヶ月。
ある意味、キヤノンの焦りというか、覚悟というかが忍ばれる。
画素数はもう、あまり興味ないけど、一気にあがった高感度がほんとに画質を伴うものなら強力だよね
DIGIC4がどれだけのものか、に依存する話だけど
顔認識もライブビューと組み合わせてなら実用性高そうだし。
HDMI端子、高精細液晶も楽しそうかな

Img_9212

個人的には、ボディ内でヴィネット補正を行うのが凄いなあ、と。
キヤノンも本格的にレンズ固有データの利用を行うようになったということか

今回は周辺光量だけのようだけど、これが歪曲補正や色収差の補正をレンズ固有情報をもとにボディ内で行うようになったら、デジタルカメラはまた大きく変わるなあ
というより、レンズ固有情報を持たないサードパーティ製RAWアプリは厳しい時代になると思う。いまでも、中途半端にRAWでいじるなら、すなおにカメラのJPEG出しの方が「当たる」画の時もあるのだから

でも、これが進むと厳しいのはサードパーティ製RAWアプリだけじゃなくて、レンズメーカーのレンズの方が打撃が大きいかも。安価なレンズは間違いなくソフトウエア補正を組み合わせた方が有利だろうし

–ADs–

★代引手数料・送料無料!アクセサリーもお買得価格!★キヤノン EOS 50D ボディ《9月下旬登場》

Comments (3)
  1. CANON EOS 50Dはどこへ向かっているのか
    噂が出てたCANONのEOS 50Dがいよいよ発表になってたので、スペックじっくり見てみました~。
    1510万画素CMOSセンサー
    →そんな増やしてどうする・・ 低ノイズ化で高感度に強いって言ってるけど、こんなに画素数増やしてノイズが減るとはちょっと考えられない気が・・ でも…

  2. KM より:

    NikonからD90というすごいのがでてしまいました。一眼のレンズで動画がとれてしまうなんて。SAIKAさんのセカンドビデオ候補を念頭にビデオカメラを購入しようと思っていましたが今回ばかりはNikonに逝ってしまいそうです。素人だし、ちょっと動画を撮りたいときって絶対あるとおもうしなぁ。

  3. SAIKA より:

    KMさん
    ええ、ウワサには聞いていましたが面白そうですねえ
    ただ、撮ったあと、どうすればいいんだろ、アレ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください