映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

新型ブルーレイカムが失ったもの

初号機(BD7H)が、期待のわりにイマイチだったせいで、せっかくのフルモデルチェンジの新型 DZ-BD10H も注目度が低い気がするが、個人的にはこの仕切り直しカメラ、すごく良くなったと思う。出す画は。
Macintoshでのハンドリングにやや難があるので自腹ではダイブしにくいが(笑)、凝った編集しないひと(プレイリスト編集は本体内で出来る)、多少大ぶりなボディが許せるならオススメ。

Bd10h_06

で、実は検証機使用中に悩んだのがSDカードスロット。
パナもソニーもキヤノンも、みんな液晶内側なのでとうぜんそうかと思ってもない。
ビクターのようにボディ底面(ってどうかと思うよ)にもない。
前モデルBD7Hは、まるで隠し扉のように端子がカバーに覆われていたので、

Img_8990

今回もそうかと思って捜してもない。
途方に暮れかけて(おおげさ)ホットシューカバーを開けてみたら・・・・・

Bd10h_07

・・・・・あったよ、ホットシューカバー内側に
いや、ホットシューが無くなってるのだ

がーん、と思って再度良く見たら、マイク端子もなくなってる
あー、パナやキヤノン、ソニーは小型化してもホットシューは無くさないのに・・・(んでも特殊形状にしちゃ、あんまり意味ないけどね)

という訳で、BD10Hはあらゆる意味で良くなってるけど、ホットシューはなくなった。
次のモデルでは復活するかなあ?(次のモデル自体なくなった、というオチにならなければいいなあ)

–ADs–

★★月末限定特価★★ 【5台限定】☆HITACHI/日立 30GB HDD内蔵ハイブリッドブルーレイカムWooo…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください