映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

PowerShot SX1 IS

検証機が届いた(いや、届いていた)

Sx1_01

キヤノン パワーショット SX1 IS

一眼レフ「っぽい」デザインのコンパクトデジカメ。
フジが「ネオ一眼」とか呼んだりしてるカテゴリーですね

Sx1_02

この特徴は、EOS 5D Mark IIと同じ、フルHDの動画撮影機能があるってこと
え、じゃあ、EOS 5D Mark IIと同じような画が撮れるの?っていえば・・
雑誌に書く関係で、ここでは写真だけ。
すみません

Sx1_03

–ADs–

【在庫有り!!】CANON PowerShot SX10 IS

コメント (6)
  1. まこっと より:

    EOS 5D Mark II とは撮像素子は勿論、何よりレンズの品質が
    違いますが、コストパフォーマンスは非常に高いですね、SX1 IS。
    Vimeo で 5D Mk. II や SX1 IS で撮ったビデオをたくさん見ていると、
    「ビデオSALON」12月号に書かれていた「フィルムでも
    写真用に比べて映画用はコントラストが低めに作られている。
    硬めの階調の映像を長時間視聴すると疲れると考えられているため。」
    という意味が良く分かるようになって来ました・・・「硬い」ですね。

  2. SAIKA より:

    ええ、それに、PCモニターで近距離視聴するのも関係しそうです・・

  3. まこっと より:

    ああ、確かに、あの画質を60インチクラスの大画面で見たら
    どうなんでしょうね。
    まずはクッキリシャープな画質に感動すると思うんですけど、
    いずれ「目に馴染みが良くない」みたいな感じがしてくるのでは
    ・・・という気がします。
    キヤノンさんが本腰入れて、あの動画撮影機能をビデオ専用に
    仕立て直してきたら、その時、どんな画質にしてくるのか、
    興味深く見守って行きたいと思います。(笑)
    キヤノン機は家庭用ビデオカメラでも一番シャープネス重視な
    画質ですけど、EOS 5D Mark II の動画を見ていると、クッキリ
    シャープもモノには限度なのかなぁ、なんて思うようになりました。
    EX1/3のシャープな画質の動画を見ていて「目に馴染みが良くない」
    とか思う事は無いんですけど、5D Mark II の「硬さ」は独特ですね。
    「高画質」には色々な要素がありますが、その内の一つである
    「シャープさ」の中にも色々な要素があるものなんですねぇ・・・。
    いずれにしても、デジ一眼の付属機能ではなく、ビデオ専用の
    「EOS CAM」が遠からぬ内に出てくる事を期待しています。

  4. SAIKA より:

    EOS CAM。。。」
    ああ、欲しいなあ、そっかあ
    日本でREDやれるとしたら、キヤノンだなあ

  5. IDK より:

    かなり本気で動画使い込んでますが、ほぼ結論が出ました。
    動画撮影時は、高輝度側階調優先をONにするのがいいようです。
    これでコントラストが低くなり、良い感じです。
    最初はスチルに比べて軟調でいまいちに感じましたが、
    確かに動画は軟調の方が視聴していて自然ですね。

  6. SAIKA より:

    IDKさん
    拝見しました。いいですねえ
    確かに動画時に、コントラストが立ちすぎると
    目に「痛い」感じがします。
    この辺りのノウハウを、もっと定量的に表現できればいいのになあと
    いつも表現に苦慮します・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください