映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOS 5D Mark IIの高感度比較

友人でちょっと有名なMacユーザーの某氏が、EOS 5D Mark IIを買った。
(ようこそ、フルサイズへ。)
が、そんな彼から、ISO3200でもノイズが多いような気がするんだけどさ〜、こんなもん?ってメッセージが・・・
え?オレは気にならないけど、彼はもっとシビアなのか?
という訳で、年末に撮った自分のチェック用感度別サンプルから彼のために抜粋。

Eos_5d2_iso_01

撮影条件
EOS 5D Mark II 手持ち(なので手ブレ等の要因は割り引いて)
EF 24-105mm F4L 50mm ISオン
プログラムオート(-1/3)でISO設定のみマニュアルで変えた
ピクチャースタイル スタンダード 
RAW/JPEG-M 同時記録のJPEG(4080×2720)で比較。

Eos_5d2_iso_02

クリックで拡大

ちなみに
ISO  3200 f4.5 1/10
ISO  6400 f4.5 1/20
ISO 12800 f4.5 1/30
ISO 25600 f4.5 1/60

Eos_5d2_iso_03

Eos_5d2_iso_04

等倍表示(下の写真はクリックで拡大)

Eos_5d2_iso_05

等倍表示(このブログ上で等倍表示されるよう切り出し)

こんな感じです > 某氏

なお、通常域のISO感度での比較はこちら

個人的には、3200までは常用。シビアに言わなきゃ6400問題なし。

縮小して使うなら12800でもいいかなあ

–ads–

げ、amazonで24万代半ばだって・・・

コメント (4)
  1. HI より:

    写真によるかと思います。
    ノイズはやっぱり暗部で目立つので、真っ暗になる直前の空、あるいはバルブで撮った夜景のやや明るく写った空などで気になってきますね。
    そうでなければ、3200でもいけそうですね。
    ただ3200は見た目、ノイズ修正が大きく効いてディテールが甘くなっているような感じがします。
    RAWの現像でノイズ修正をオフにして、そこからJEPG書き出しだとまた違うかも知れませんね。

  2. SAIKA より:

    はい、仰るとおりです。
    もっとも、上記の3200は1/10シャッターなので、ワタシの腕ではぶれていてディティールが甘くなってる可能性が否定できません(^_^;
    同時記録RAWも確認してみます〜

  3. ryocyan より:

    ISO25000って…
    すんごいんですね、今のデジ一。

  4. SAIKA より:

    買いましょうよ〜(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください