映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOS MOVIE CREATE BEYOND.

キヤノンが、EOS 5D Mark II および Kiss X3の動画専用サイト
EOS MOVIE CREATE BEYOND. を 公開

必見です。
十文字美信氏の「さくら」冒頭数カットの、圧縮コーデックに対する嫌がらせとしか思えない(笑)カットや、漆黒バックの映像など、インパクトのあるムービーが公開中。

Comments (3)
  1. HI より:

    このCanonのサイト、裏側で延々とプレビュー用のmp4をリクエストしていて、せっかくのムービーがときどきカクついてしまいますね。

  2. sakaki より:

    早速見てみました!
    5Dmk2はさすがと言った感じ。
    メイキングを見るとやはりいろいろ駆使して撮影されていて作りこまれているな~という感じ。
    「紅の舞」はこれでもかっていうLレンズ、TS-Eレンズで作例としてみるとこんな撮り方もできますね~でした。
    意外とKissX3の「The Birthday Present」がろうそくでの撮影、ワイド10-22mmを
    うまく使っていてストーリー的にもファミリーに受ける感じで良かったです。
    KissX3でこんな作品できたらいいですね(っていう夢を見れる感じ)
    ビデオサロンも買い、EOSムービー熱がまた沸いてきています。
    最近ヤフオクでMacFanのバックナンバーを落として読み漁っております。
    updateも980円と発表があり9月のSnowLeopardを待たずにMacを買いそうです。

  3. てつお より:

    「さくら」拝見しました。
    う~ん。
    やっぱりスチルのカメラマンの作品って言う感想です。
    構図の作り方もそうですが、かめらワークがほとんどなく観客が飽きてしまうのではと思いました。
    今後、5DMK2の画質は当たり前として演出やストーリーへと作り手の意識と注意が移動していくにつれ、スチルから入ったカメラマンは物語を紡ぐ何たるかを発見していくでしょうね。
    動画とスチルをボーダレスにしてしまった5DMK2。
    相互のフィールドで別の感性を持ったカメラマンが活躍する予感がします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください