映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

CP+2019 : EOS RPの紙袋

横浜で開催中のCP+2019に行ってきました。泊まりじゃないのは何年ぶりでしょうか。レポートはすでに腹黒い三連星のBさんクマデジさんがあげているので、スルーして(いや、ビデオSALONの原稿締切あってですね💦)小ネタをいくつか。

EOS RP_01

クマデジタルでも書かれていましたが、キヤノンブースではEOS RFの手提げ紙袋(ショッパーというのですね。お洒落な言い方に慣れていません)がご自由にお持ち下さいモード。
このEOS RPのイメージ写真、軽やかで春っぽくて、製品性とシンクロしていて好感が持てます。

EOS RP_02

カタログ表紙も同じビジュアルかと思ったら、カタログは薄いブルー一色に、凝った印刷。そして「いい写真の予感」というコピーのみ。
多くのメーカーのカタログは表紙にその機種の写真が入ると思うのですが、キヤノンはあまりカメラ本体の写真を使わない傾向にありますね。

EOS RP_03

ショッパーのなかにはカタログと一緒にクリアファイルがノベルティとして入っています。
CP+会場に行かれた方はもらって帰ると良いと思います。
会場は混んでいて EOS RPの試用も30分以上待ち表示だったので

EOS RP_04

とあるカメラマン氏と一緒にCPS特設サロンでいろいろ触ってきました。このサイズと軽さは魅力でしたが、ワタシはEOS Rだなあ。
ただ、EOS-1D X Mark IIクラスのEOS Rが出たら、サブにはEOS RじゃなくてEOS RPがいいかもしれないと思いました。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください