映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

アクセスキーの電池交換:SUBARU XV

去年の12月中旬頃だったか、クルマを降りるとき(エンジンを切るとき)SUBARU XVのメーター中央のディスプレイに、アクセスキー(スマートキー)の電池交換を促す表示が出るようになった。

SUBARU XV Access Key_01

毎回ではないので、まあ、そのうち電池交換すればいいよね、くらいに思っていて、実際、かなり余裕があるんだけど、突然ドアが開かなくなっても困るので、先日、やっと交換。

SUBARU XV Access Key_02

もちろんアクセスキーの電池が消耗しきっていても、アクセスキーの中に非常用の物理キーがあって

SUBARU XV Access Key_04

これをドアハンドルの鍵穴に差し込めばドアは解錠できます。

SUBARU XV Access Key_03

ただ、この非常用キーではエンジンをかけることは出来ません。

SUBARU XV Access Key_05

XV(少なくともウチのグレード)には物理的なキー差し込み口は存在しないし、そもそもイモビライザー標準搭載なので鍵穴という物理照合ではエンジンを起動できない(ですよね?

SUBARU XV Access Key_06

じゃあ、アクセスキーの電池が消耗していたらエンジンを起動することは出来ないのかというと、取説に寄ればプッシュエンジンスイッチにアクセスキーを接触させて認証させることが出来るらしい。(やってみたら出来た)
SUBARUのQ&Aには「車両側に内蔵されているアンテナからイモビライザー側に電源が供給されるため、リモコンキーの電池が消耗している状態でも、エンジン始動をすることが可能です。」とあって、へええ、と思った。

SUBARU XV Access Key_07

電池交換はドライバーも要らないので簡単。CR2032なので(ドアが)開かなくなったらコンビニでも買えそう。
ドア自体は非常用キーで開くので、Amazon等で安く買っておいて、グローブボックスにでも入れておくのもいいかもしれません。

SUBARU XV Access Key_08

ちなみにアクセスキーの電池警告が出始めたのはおよそ納車から2年半。まあ、そんなものでしょう。

SUBARU XV Access Key_09

電池交換したとき、ちょうど2万キロでした。年8,000キロ。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください