映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

4K HDRエンターテインメントモニターはテレワークにも強かった:BenQ EW3280U

これは徹底してエンターテインメントを楽しむためのモニターだ。BenQの最新型4Kモニターは同社独自のHDRi技術の高画質、(PCモニターには珍しい)2.1ch treVoloスピーカー内蔵による高音質で、コンテンツを味わい尽くすことに重点を置くホームエンタテインメント製品。BenQはビデオエンジョイメントモニター と呼んでいる。BenQ EW3280U(製品ページ)
そんなエンタメ特化型のモニターだけど、使ってみたら32inch 4K HDRの大画面&高解像度と、輝度自動調整機能B.I.+などのアイケア機能は、オンライン会議を含むテレワークにも有効だったというお話し。

BenQ_EW3280U_01

このレビューは外出自粛が強化された4月後半からおよそ3か月の予定でBenQ社より同製品をお貸し出し頂き、執筆しています。それ以外の利益供与(報酬等)はありません。本レビューは同社に感謝しつつもフェアな視点で書いているつもりです。原稿チェック等はありません、間違いが有ればワタシの責任です。事実誤認や間違いがあれば修正し修正点を明記します(誤字脱字の修正を除く)。
このブログにおける【AD】【PR】等 表記と運用ポリシーについてはこちらをご覧下さい。
https://mono-logue.studio/3394

BenQ_EW3280U_02

コンテンツを楽しむためのモニターだけに、BenQ EW3280Uには一般的なPCモニターとは異なる特徴が多くあります。
ひとつはフロント下部に設けられたステレオスピーカー。
近年のBenQモニターは非常にベゼル(画面周囲の枠)が細く、画面だけに意識を集中させるデザインが特徴ですが、EW3280Uは下部のベゼルだけ幅広です。そこに2つのスピーカーが仕込まれているから。音の再生機能はないか、あっても申し訳程度のPCモニター(同社製含む)の中で、EW3280Uは後述する背面スピーカーとあわせ、別格のオーディオ性能を搭載しています。
そして音量ボリュームはじめすべての操作を手元で行えるリモコンを同梱しているのも大きな特徴。エンタメにはテレビ的な操作性が欠かせないというメッセージにも思います。

BenQ_EW3280U_03

電源ケーブルがスタンドの中に隠れてしまう構造。パソコン周辺機器、といったニュアンスを出さない工夫を凝らしています。入力はHDMI 2.0 x 2、Display Port 1.4 x 1、USB-C x 1。HDCPは4Kに対応した 2.2対応です。
コンテンツを楽しむためのモニターでコンテンツを制作するためのモニターではない、という考え方からか、カードリーダーやUSB HUB機能は搭載されていません。

BenQ_EW3280U_04

リア。非常にシンプルな造形で設置場所を選びません。

BenQ_EW3280U_05

リアの上面近くにあるのがサブウーハー。フロントのステレオスピーカーと1セットになって2.1chのオーディオシステムを構築します。BenQはtreVolo オーディオシステムと呼んで凝った構造とチューニングを施しています。

BenQ_EW3280U_06

液晶テレビでも物理的空間の制約から音はどうしても頼りなく、PCモニターにおいてはもともと音質に拘るニーズが少なかったせいもあって、ほとんどの製品が無視に近い扱いだったと思います。
EW3280Uはエンタテイメントコンテンツを楽しむために、かなり本気だと思います。実際のサウンドがどうだったのかは、長期レビューとして次回書こうと思います。

BenQ_EW3280U_07

モニター部は4K UHD(3840 x 2160pixel)。デザインや写真現像といった制作用モニターではないので、遮光フードやキャリブレーション機能は有しませんが、10bitの色深度、Rec.709カバー率100%、DCI-P3カバー率95%と、映像コンテンツの再生には十分な能力を誇ります。
HDRをBenQ独自にチューンアップしたHDRiによるディティールとコントラスト、色表現のエンハンスモードについても、今後の長期試用の中で検証したいと思います。
なお、PCモニターとは違う立ち位置の本機は、スタンドによる上下昇降やスイーベル(左右首振り)機構は持ちません。ティルト(上下角度)のみ -5°から+15°の範囲で可動します。ピボット(90°回転)機構もありません。
この辺の仕様は、テレビモニターに近い設計でしょうか。事実、PCから送出した4Kムービーコンテンツは、画も音も素晴らしい没入感で再生されました。

BenQ_EW3280U_08

テレビモニター的、というのが正しいかどうかは自信がありませんが、モニター本体に備わった音量調整ダイヤルは素晴らしい発想で、映画を観ながらボリューム調節にPCのキーボードを叩く、という無粋な操作を否定してくれたのはなによりです。

BenQ_EW3280U_09

ボリュームダイヤルが本体下部から覗く以外にはユーザーから見える範囲にボタン類はありません。操作は背面ボタンを使って行います。

BenQ_EW3280U_11

操作に応じて画面上にOSD(オンスクリーンディスプレイ)が表示されるのも、BenQモニターに共通する仕様ですが

BenQ_EW3280U_10

EW3280Uでは更にリモコンが付属し、テレビの操作感そのままに各種の操作を行えます。
PCモニターなら手が届く範囲で作業しているのが前提なのでワイヤードのHotkey Puck G2でもいいのですが、もしかしたらソファにもたれて映画を観るために使うかも知れないEW3280Uではワイヤレスの利便性がベストでしょう。BenQの細かな設計思想が感じられるリモコンです。

BenQ_EW3280U_12

前述のHDRiプリセットもリモコンからダイレクトに操作できます。
このスピーディな操作性は、プロ用モニターでも欲しいかもと思ってしまいました。

BenQ_EW3280U_13

32型という大きさから、ふたり、3人でコンテンツを見ることもあるでしょう。そうするとどうしても斜めから画面を見ることになり、安いモニターだと色が変わってしまうコトも多いのですが、

BenQ_EW3280U_14

EW3280Uは視野角の広いIPS液晶ゆえか、このくらいは余裕で色偏移なく視聴可能です。とはいえコンテンツによって(暗いシーンとか明るいシーンとか)得意不得意があるかも知れません。
その辺りも長期試用のなかで気がついたらレポートします。

そして時節柄、在宅勤務のテレワーク用モニターとしてはどうかを試してみました。

BenQ_EW3280U_15

EW3280UはUSB-C入力が可能で60WまでUSB-PD給電も出来ます。そのため保有するMacBook ProをUSB-Cケーブル1本接続するだけでエンターテインメント用途から仕事用途に切り替わり、バッテリー残量の心配も無く使用できます。
EW3280Uはスタンバイ時にはUSB-Cには電源を供給しないのですが、このようにスタンバイモード時、常時給電を行うように設定も可能です。

BenQ_EW3280U_16

テレワークにはオンライン会議が付き物ですが、その際に資料を画面共有することも多いですね(少なくともワタシの場合)。その時、モニターの画面解像度って意外と重要で、解像度が低いと個別の画面をフルにしてやらないと読めませんが、解像度が高いとマルチ画面のままでもラフには読めたりします。
もちろん、資料の文字サイズやフォントにも寄るのですが、参考用にFHDと4Kで同じ資料を表示してみました。ダブルクリックで元写真にリンクしています。Excel、Word、Keynote、PDF、FCP画面を配置しています。ただし、実際のオンライン画面では無く、それぞれの解像度で出力したデータを表示しているため、現実には通信回線の太さによって変わると思います。あくまでモニター解像度の差としての比較です。

BenQ_EW3280U_17

テレワークって意外と長時間労働になりやすく、普段以上にPC画面に貼り付くことになります(少なくとも友人知人を見ていると)。当然、目の疲労度は大きくなるのですが、EW3280Uは、フリッカーフリー(液晶バックライトのちらつき防止)、ブルーライト軽減(4モード)等の目の負担を抑制するアイケア機能を搭載しています。
特にブライトネスインテリジェンスプラス(B.I.+)とBenQが呼ぶ機能は「視聴環境周辺の光量と色温度だけではなく、コンテンツの明るさと色温度も検出して、モニターの輝度と色温度の設定を自動的に調整」するインテリジェントな機能で、コンテンツの表現力と目の負担軽減のバランスを取るという在宅ワークに適した機能だと思います。

BenQ_EW3280U_18

BenQ EW3280Uは制作のためのモニターでは無く、コンテンツを楽しむためのモニターです。映画やゲーム(はワタシはしないのですが)といったエンタテイメントコンテンツを高感度に、かつ簡単に味わうための機能に特化している印象ですが、結果的にテレワークへの親和性も高く、家のPC環境改善計画の強い味方になると感じました。・・というのがファーストインプレッション。
3か月ほど試してみて長期試用レビューは6月下旬頃に。

モニター映像 model 杏

公式製品ページ BenQ EW3280U

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください