映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOS R5:LP-E6NHの大容量に助けられ

とある撮影。
現場についてEOS R5を取り出すと、バッテリーがカラ。え?昨夜USB-Cから外部充電掛けたよね?オレ?
でも、バッテリー残量は無情にもほぼ零。充電のミスか、何かの拍子にレリーズが押されっぱなしになっていたか。
カメラバッグの中には、予備のLP-E6NHが1本だけ。

LP-E6NH_01

幸いLP-E6NHはフルチャージかつ劣化度ゼロの状態。
すぐファインダーを省電力優先、エコモードに設定変更。ポストビューも最低限に。

LP-E6NH_02

幸運だったのはEOS R5ボディで空になっていたのがLP-E6Nで残っていたのがLP-E6NHだったこと。
EOS R5と同時にリリースされたLP-E6NHはLP-E6Nと互換性を維持しつつ容量が14%アップしている。
ラストショットを撮ったときにはバッテリー警告がレッドゾーンに入ってかなり経っていたけれど、最後まで無事に駆動しました。

LP-E6NH_03

スチルのみ、動画なしだったけれど、2254枚?
いや、LP-E6NH公称はその1/3だと思いますが、なににせよ、助けられた感でいっぱい。
LP-E6NH、高価いけれど、これから予備もLP-E6NHで買い足そうと思いましたね。自分のミスを棚に上げつつ。
追記訂正
2254枚は2254レリーズでは無かったです。撮影設定を同一書き込みにしていたのでCFexpressとSDXCに同じデータが書き込まれていました。2254枚は正しい(RAW+JPEGなので更に倍)けれど、レリーズは1127枚ということになります。
つかEOS Utility、純正なんだから同一書き込みデータは、片方だけ読み込みますか??とか訊いて欲しいです💦

–Ads–
Amazonで LP-E6NH 純正で検索しても、出てくるのは互換バッテリーばかり。アマゾンはもうダメだなあと思うのはこんな時。互換バッテリーにもちゃんとしたものはある「かも」知れないけれど、ワタシはバッテリー「だけは」メーカー純正主義です。顔のすぐ傍で使うんだからさ・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください