映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

ゆっくり挿すとUSB 2.0、素早く挿すと3.0ってホントかMacで試す

ねとらぼ 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」記事が話題。
えええ?マジですか?と思うものの、バッファローがそう言うなら本当なんだろう。それってMacでも同じだよね?と思って試してみた。

USB3 or 2_01

USB3.0とUSB2.0では転送速度も雲泥の差なので、SSDだと壊れてるくらいの印象になるかと思い、USBメモリーを引っ張り出す。

USB3 or 2_02

使ったのはSANDISK ULTRA USB 3.0 FLASH DRIVE。5年前に買っていた。最近はポータブルSSDばかり使っていてUSBメモリは予備的なもので滅多に使っていなかったヤツ。

USB3 or 2_03

Mac Pro 2019で試すと

USB3 or 2_04

たしかに素早く挿すと5Gb/秒のデバイスとして認識し、ゆっくり挿すと480Mb/秒のデバイスとして認識されている。ディスクスピードテストではライト性能は差ほど変わらないけれど、リードは5倍差くらい違う。

USB3 or 2_05

M1のMac Miniでテスト

USB3 or 2_06

Mac Pro 2019と似たような傾向。

USB3 or 2_07

MacBook 系はUSB-C(Thunderbolt3)に集約されているので、純正のUSB-C – USBアダプタを介して素早く挿すのとゆっくり挿すので較べて見た

USB3 or 2_08

これも同じ結果。
ワタシはどんくさいので、特にアダプタ経由で繋ぐとき、もたもたしてUSB2.0で繋いじゃいそうなので注意しよう💦

という訳で、分かってるつもりでまだまだ分かってないこと多いなあと思った一件でした。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください