映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

SLIP-ON BT iPhone 4 case

ノルウェイの森は大学時代に読んだ覚えがあったけど、刊行年を調べたら社会人1年生の秋に出ていた。そっか、あの新宿高層ビル群を望む北新宿の風呂なしトイレ共同の古い木造アパートの壁に寄りかかって読んだのか・・。
いや、今回のレビュー(?)は、ノルウェイの森じゃなく、そのうえに置かれた革張りのiPhone 4ケース(グリーンなので置いてみた)。

Iphone_4_case_01

SLIP-ONのBT iPhone 4 case である

Iphone_4_case_02

プラ製のベースケースにイタリアンレザーを貼ったケース。色は6色展開だったが、ノーマルザクと同じクリスマスだからグリーンを選んだ。

Iphone_4_case_03

同社の解説によると、イタリア・フィレンツェを生産地とする古典的な鞣し染めの製法による革のシリーズらしい。
手に馴染む感じがとても良い。この質感は本革ならではだなあ。

Iphone_4_case_04

ボタン類へのアクセスは標準的な切り欠きだが

Iphone_4_case_05

Iphone_4_case_06

縁は僅かに持ち上げてあり、iPhone 4のフロント面を下にしてテーブルにおいても直接接触しない。

Iphone_4_case_07

カメラ部の切り欠き。

Iphone_4_case_08

裏面はラバー塗装されていて、iPhone 4との間に擦り傷が出来にくいように作られている。
光、照明によって様々なテイストを見せるのが良い。

Iphone_4_case_09

約6,000円と、通常のケースの3倍する価格だが(んでも、通信速度は3倍にはならない)、1年間使うなら月500円。ありだと思うな〜(牽強附会)

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください