映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

マンフロット LINOなアパレル

カメラマンベストとかコートとかって、便利ではあるんだけど、街で着るには勇気の要る代物、そう、往々にしてダサイ、のだ。(オマエは中身が・・とか言わないように)
が、三脚という無骨なモノを、ちょっとオシャレに仕上げてみせるイタリアンなメーカー、マンフロットがオシャレなカメラウエアを出してきた。
LINOシリーズ

Manfrotto_01

フィールドジャケット、カメラベスト、ソフトシェルジャケット、ウィンドジャケットからなるアパレルシリーズは、すでにしょういちさんがモデル張りの着こなしを持ってレビューされている(笑)ので、イメージはそちらで見ていただくことにして、mono-logueではディティールをレポート。

Manfrotto_02

LINOフィールドジャケット。62,475円(希望小売価格<結構いい値段)
パッと見は黒いナイロン(ケプラー織り込み?)で、タグがマンフロットレッド。ってのもさることながら。

Manfrotto_03

肩口にさりげなく付けられた黒いマンフロットマーク。

Manfrotto_04

そして背中に赤いマンフロットマーク。
このあたりのセンスはさすがだと思う。
洗練されているのはデザインだけではない。

Manfrotto_05

肩口のフラップは

Manfrotto_06

ボタンで開く・・ここまでは予想できると思うが

Manfrotto_07

そのフラップの下にはファスナーがあって、肩口に入ったパッドを取り出せる。
なんで?っていうと、三脚やらカメラバッグやら、常に同じ側で担ぐひとは、そちら側をダブルパッドにする・・ってことらしい。
な、なるほど。簡単なようでこれ、結構効くかも。

Manfrotto_08

しょういちさん曰く「見た目かなりゴツイ」フィールドジャケットを象徴するカメラやレンズの入るポケットだが

Manfrotto_09

しょういちさんの言うように保護材は取り外せる。
そして取り外して薄いポケットにできるだけではなく

Manfrotto_10

保護材は畳んで膝のプロテクターパッドに出来る。

Manfrotto_11

ちゃんと固定用にベルトが付いている

Manfrotto_12

Manfrotto_13

これ、フィールドワークではけっこう使える気がする。うんうん。
ただし、ぬかるみに膝をついたらどうする?とか考えてはいけない。

コメント (1)
  1. しょういち より:

    うお!そんな仕組みが…!
    全然気がつきませんでしたー笑。
    ちなみにもちろん、肩の仕組みも全く気がつかず(ry。
    キャップや、オシャレな三脚ストラップなども出てくれると
    嬉しいですよね~~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください