映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

孤高のiPhone 4バンパー Deff CLEAVE レビュー

iPhone の産んだアクセサリー分野にケースがある。もちろんもっと前の携帯電話からケースというジャンルはあったが、明らかにブレイクしたのはiPhone からだろう。さらにiPhone 4では電波強度の対策もあってか?アップル自らが純正バンパーを出してもいる。
このDeff社のアルミ製バンパー CLEAVE ALUMINIUM BUMPER for iPhone4は、美しいデザインと美しい質感、仕上げをもつiPhone 4専用バンパー。これを装着したiPhone 4は良い意味でも悪い意味でも孤高の存在となる。

Cleave_1

このレビュー商品はレビューを書くことを条件に特典価格で購入した商品です。
ただし、そのことによってレビュー内容への干渉、事前確認等の一切ないことはWillVii社によって担保されています。mono-logueにおいても自由に書いており、事実誤認以外では修正は行いません。(追加レビューはあるかも)

iPhone ケースって、とにかく安価なもの、安価な素材だけどデザインなりカラーなり質感なりに工夫したちょっとこだわったもの、革や金属と言った素材まで含めてこだわったもの、に大別できると思う。価格帯もこの順番に高価くなる。
CLEAVE ALUMINIUM BUMPERは後者の最右翼に近い。

Cleave_2

アルマイト処理を施されたアルミニウム製のボディは複雑な曲線ラインを描きつつシャープなエッジを持ち、音量ボタン等はスピン研磨された独立パーツ。ロゴタイプ等はレーザー刻印と徹底的。価格も相応に高価だが、お求めやすく・・的な発想とは無縁にみえる妥協無き製品作りは心地よい。
それが本製品の孤高たる所以で、その結果、ううむとなってしまう部分もある(後述)。
写真を多く撮りすぎて収拾が付かなくなったので、写真をムービー化
造詣の妙と質感は分かってもらえるかなあ

ムービーで分かるように、本製品は2分割されたアルミフレームでiPhone 4を囲い、小さな六角ねじで固定するもの。その精緻な加工精度はフレーム内部がiPhone 4のアンテナ部と接触しない構造(メーカー公称:ワタシのレベルでは確認できない)にもかかわらず、ガタや遊び感のないかちっとした印象を実現している。
普通のはめ込む形のバンパーやケースと異なり、外骨格フレームを装着する、といった印象に近い。

Cleave_3

で、このデザインにも質感にもこだわった外骨格フレームが本製品を良くも悪くも孤高のものとしている。
良い意味ではもちろんその独特の佇まい。
複雑なラインとソリッド感の同居、質感、素材感、触感すべてに渡るメタルな感触。メジャーメーカーの製品でないことも手伝って、数あるiPhone ケースの中でも圧倒的な存在感を放つのは間違いない。
その一方で意匠へのこだわりを最優先させた結果、一般的なiPhone 4アクササリーの多くが使えないという意味の孤高さも背負うこととなった。

Cleave_4

Dockコネクタ部が深いため、通常のDockケーブルならアップル純正/サードパーティ製問わず繋がるが、Dockには接続できない。純正Dockはもちろん、サードパーティ製のものも(少なくともワタシが持っている3製品は)ダメ。それどころか、同じDeff製のスタンド(これもなかなかいい感じの製品)も使えないという徹底ぶり。ホワイトベースにバルキリーが降りたようなもんかもしれない。
iPhone を直差しするパワードスピーカーやオーディオシステムとの互換性は皆無に近いはずだ。
さらに、愛用するこのスタンドも使えない。
また、このバッテリーケースは普段はカバンの中に突っ込んであって、バッテリーが心許なくなるとケースを外して合体させるという運用をしていたのだが、外骨格のリリースに六角レンチが必要なこれは、前線で空中換装するガンダムより厳しいことになる。

そうなのだ。このバンパーは美しく一体化する反面、簡単な着脱という要素は捨てている。アーマードパーツをリリースできるバルキリーではなく、固定装備型になるというのが近い。

Cleave_5

この孤高ぶりを許容し、スタンドアローン化するiPhone 4を許容できるなら、本製品は他に類を見ない強い個性と存在感でユーザーを満足させてくれるはず。

製品とは直接関係ないが、同社のサイトは近年珍しいFlashオンリー型で、製品ページはiPhone から見ることができない。Flashについて云々いうつもりはないが、iPhone アクセサリーの製品ページとして、それってどうなんだろうと思ったのは確かだ。
–ads–

Deff社のCLEAVE ALUMINIUM BUMPER 公式ショップ

同製品は、ブラック、グラファイト、シルバーの3種類あるが、mono-logueレビューは、メテオブラック(黒)

Comments (3)
  1. 早速手に入れて装着しました!
    大満足であります!!
    カラーに迷いましたが結局メテオブラックに。
    これで私は「孤高のiPhoner」v(^^

  2. SAIKA より:

    お揃い〜☆

  3. アーマードiPhone4Sプロダクト。
    私の物欲参考のお仲間で、
    強引にガンダム・スターダスト繋がりを形成しました
    クマデジタルさんと、
    心も、体も(ぉ 双璧をなします、
    mono-logueのSAIKAさん。
    映像系教授でMac系、でありながら、ガンダム系・苦笑。
    http://mono-logue.air-nifty.com/monolog/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください