映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

NEX-5 + 50mm F1.8 レビュー

NEXにマウントアダプタ経由でキヤノンEFレンズを付けるのがマイブームだが、NEXにはもともとソニーα Aマウントレンズを使うための純正マウントアダプタが存在する。

Nex550f18_1

奥がNEX-5(E16mm装着状態)
手前左がマウントアダプタ LA-EA1
手前右がAマウント用DT 50mm F1.8 SAM

Nex550f18_2

LA-EA1とDT 50mm F1.8を合体した状態。
合体状態で280g(三脚アタッチメント含まず)

Nex550f18_3

NEX-5に装着した状態。
総重量570g(バッテリー含む)。かなり軽いと思うが、EOS Kiss X50+EF50mm F1.8でも630gなのか。

Nex550f18_4

DT 50mm F1.8の特徴は、マクロレンズでもないのに最短撮影距離が23cmと短いこと。ので、こんな写真が撮れる。
NEX-5 + LA-EA1+DT 50mm F1.8 SAM F1.8 AUTO

Nex550f18_5

もちろん等倍マクロには遠く及ばないのだけど、このコンパクトさでこのくらい寄れるのはけっこうアドバンテージ高い。
開放F値が明るいので被写界深度の浅い画が撮れるし、ぼけ味もこんな感じ。

Nex550f18_6

NEX-5 + LA-EA1の両方のファームウエアを最新にアップデートすると、DT 50mm F1.8でもオートフォーカスが効くようになるが、これは期待しない方がいい。
なにしろ遅いし、迷う。
個人的見解だが、これはAFが効くとは言わないレベル。

Nex550f18_7

液晶でライブビューしつつ撮るのが基本のミラーレスでは、フォーカスの山も掴みやすいので素直にマニュアルフォーカスで使うのが良いと思う。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください