映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

コダックがフィルムを売る日

コダックが写真フィルムを売っている。
え、当たり前じゃん、と思うけれど、正確に言えば、
写真フィルムを担う「パーソナライズド・イメージング」事業を売却開始した らしい。
デジカメWatchより
写真を始めた頃、富士やサクラ(ってもう知らないひとも多いよね)よりKodakの方がなんとなく高級に思えたり、格好つけてアグファ使ってみたり。
そんな時代は遠い昔の話になる。

5d3a0021

自分の話で言えば、もうフィルムは使っていないし、写真がアナログからデジタルプロセスに移行するときのどさくさ(?)で写真「でも」仕事いただけるようになったことも含め、複雑な思いでフィルムの終焉を見つめている。

まさか自分の生きている間に、写真フィルムがなくなる可能性があるなんて、想像もしなかった(いや、まだ無くなってませんが)。

でも、自分が好きなのは写真であって、それを撮るためのケミカルプロセスじゃないはず。だから、フィルムがなくなったら、デジタルで写真を撮ればいいし、アップルがFinal Cut Proをやめたら、AdobeやAvidを使って映像を紡げばいいと思ってる。
道具には思い入れと精通を。だけど、本当に大事なのはそれを使って作り上げる先。

–ads–
最後の本は、学生時代、かなり読み込んだ大型本、まだ手に入るのか〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください