映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

2012年はフルサイズの年?

昨日のSONY α99、RX1、今日のニコンD600、とフルサイズ一眼(レフではないですね、ソニーは)がリリースされたばかりか、タムロンからフルサイズ対応の70-200mmである SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD(Model A009)がリリース。

各社、カメラはやっぱりフルサイズと言わんばかりの勢い。

Img_2062

今回、いまだ沈黙を守ってるキヤノンも、EOS Kiss、EOS Mを別にすると、EOS 5D Mark IIIもEOS-1D Xもフルサイズ。
大型センサーのコストが下がってきたという言い方もできれば、APS-Cサイズのセンサーでは到達できない世界を各社が認識してるという言い方もできよう。
いや、その差が大きいか否か、ユーザーにとって重要か否かはともかく、APS-Cとフルサイズには、確かに違いがある。

だからAPS-Cはダメとは思わないけれど、NEXやEOS Mのようなコンパクト高画質シフトか、もしくは別の方向性が必要な気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください