映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

24-70mmはF2.8かF4か、それが問題だ

キヤノンからEF24-70mm F4L IS USMが発表。
EOS6Dが発表になった時、もっと小型化したEF24-104mm F4L IIか、ほかの選択肢が待たれます。と書いたけど、その他の選択肢がコレか。

Ef2470mm_f2

一方で、このところ仕事のためにEF24-70mm F2.8L II型を借りていて、ものすごく良いレンズだなあと思っていただけに悩みは複雑。

Ef2470mm_f2

キヤノンのEF24-70mm F4L IS USM特設ページにある比較表に、この春長期に渡って借りていたタムロンの24-70mm F2.8を加えてみた。
乱暴に言えば
・高い描写力と大口径F2.8の魅力が圧倒的だけど、ISなしのEF24-70mm F2.8L
・軽量コンパクト化。マクロモードという飛び道具搭載 EF24-70mm F4L IS
・105mmまでの高倍率が実用的な万能だけど・・ EF24-105mm F4L IS
・大口径F2.8に手振れ補正で(比較的)安価なタムロン 24-70mm F2.8(A007)

Ef2470mm_f2

EF24-70mm F2.8L II は、レンズ本体の質感も素晴らしかった。
I型に較べてクセのある描写もしないし、I型ほど重くないし。

Ef2470mm_f2

これでISあったらダイブだったんだけどなあ。
このとき書いたように
ワタシが写真「でも」仕事になるのは、ぶっちゃけていってしまえば、AFやAEや手振れ補正といったテクノロジーの進化のおかげで、手振れ補正はその重要な一翼。
アムロはガンダムだから生き延びることができたのだ。

Ef2470mm_f2

ただ、ムービーカメラとしてEOSを使うときは、ISのアドバンテージは大幅に低下する。
残念ながらEOSのISは、動画撮影に適した構造になっていないと思う。

Ef2470mm_f2

そんななかで使ったEF24-70mm F2.8L II型は素晴らしかった。
作例は後日、公開できると思う
悩むなあ。

Ef2470mm_f2

–ads–



コメント (2)
  1. ゆーすけ より:

    こんにちは。
    プロの方でも、レンズ選択は色々悩まれるのですね~。
    素人的には、プロの方は24-70F2.8以外は眼中にないんだろうなぁ~と先入観を持っておりました(笑)
    ところで、最近のCANONのレンズラインナップを見ているとF2.8のズームやL単にはISが付かないパターンですよね。
    これは、値段や重量を考えた結果、非ISになりF4ズームや非L単をIS化していくのでしょうか?
    F2.8を使いたい事もありますが、ISによる手ぶれ補正の効果も捨てがたく、答えが見出せないです。。。

  2. SAIKA KAZUHIKO より:

    いやいや、ワタシはプロと言うにはまだまだ・・
    まあ、こういう葛藤?を書き連ねることで参考になれば・・・(笑)と
    いまだ答を探しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください