映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

128GBのCFカード

初めて買ったCFメモリーカードは8MBとか16MBじゃなかったかと思う。ワタシの初めてのデジカメはCASIOのQV-10。これは内蔵メモリー型だったので、メモリーカードは使っていない。ので、CFを買ったのは2代目のデジカメ、SANYO MZ-1の時だったと思う。
2001年の頃だから、まさにひとまわり、ワタシはCFカードを使っていることになるのか。

基本的に同じ規格のカードがいまも生きてるのも凄いが、いまなお、最高のスペックを望むなら(汎用規格としては)CFカードというのが凄いと思う。
ただ、容量と速度は桁違いになった。
一昨日、届いた最新のCFカード。

Cf_128gb_01

SanDisk Extreme Pro 128GB
UDMA7対応 100MB/S

思えば遠くに来たもんだなあ・・・

まあ、スチルを使っている場合は、16GBか32GBもあればOKで、それを何枚か持つ方がリスク分散の意味でもコストの面でもメリットがあるが、動画でビデオレートが必要となるとこのクラスが必要になるのがちょっと痛い。

Cf_128gb_02

でも、昔を思うとCFも安くなったよね

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください