映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

EOS R5CにR5用のLプレートは着くか:RRSの場合

小ネタです。EOS R5CはEOS R5ベースですがボディを拡張して放熱ユニットを搭載しているので、カメラ後ろ半分の意匠がかなり異なります。EOS R5用のLプレート RRS(Really Right Stuff)Canon EOS R5-R6-Lがそのまま着くのか、使えるのか、試してみました。

まあ、結論から言えば、そのまま使えます。

リアリーライトスタッフのEOS R5/R6用プレートには、スタンダードなベースプレート R5-R6-Bと、LプレートのR5-R6-Lがあります。Lプレートは私物、去年買っています。
ベースプレートは今年、大学演習室に導入したEOS R5に付けるために購入しました。

Lプレートはベースプレートより70g重いです。

EOS R5とEOS R5Cはボディ後端が大きく拡張されているモノの、三脚穴と位置合わせ穴の関係が同じなのでプレート自体は互換です。

RRSのEOS R5/R6用Lプレート(左)とベースプレート(右)

問題なく、どちらも使えます。EOS R5とEOS R5Cは側面の端子も同じ(登場前はEOS R5CはHDMIがフル端子になるとウワサされていたので期待していたのですが、マイクロのままでしたね)なので、ポートへのアクセス性も変わりません。

そうそう、RRSのEOS R5用プレートは前面のN3リモート端子使用時にケーブルを邪魔しないようにデザインされていて偉いと思います。(これ、出来てないLプレート、ありますよね)

と言うわけで、EOS R5Cに問題なくLプレートは使えるという話でした。
・・・が、もともと動画機であるEOS R5Cを縦位置で使うことは滅多に無い(縦位置動画を撮るなら便利ですが)ので、ベースプレートで充分でしたね。

実はこのエントリーの時にはすでに使っていたのでした。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください