映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

120万円のα99:ハッセルブラッド HV

カメラには「撮影機」という実用(?)用途とともに、「機械」としての美や価値があるのを否定はしない。
自分だって美しいラインを持った機械は大好きだし。

hasselblad_HV_01

で、ハッセルブラッド HV(Hasselblad HV)
35mmフルサイズセンサーを積んだチタン外装のAF一眼レフ、120万円(税別)

hasselblad_HV_02

35mmフルサイズセンサーのEOS-1D Cが100万円することを思うと、ツァイスのレンズが付くしチタンだし、ハッセルブラッドだし、ありだよね、と思うけれど、このカメラ、中身がソニーのα99(実売22万円〜)と思うと複雑。
(一応フォローすると、20万弱のレンズが付属するので、3倍程度の価格差です)

hasselblad_HV_03

外装はそれなりにオリジナルになっている。
人造ルビーが埋め込んであったり(笑)

hasselblad_HV_04

背面にも人造ルビー。

hasselblad_HV_05

背面液晶の背面(ヘンな日本語すみません)にはHasselbladのロゴタイプ。

α99のOEM版といえば違うらしく、Hasselbladのスタッフ曰く
「α99をばらして、Hasselbladのレギュレーションで新しく組み直しています。手作業なので高価くなりますが、音も静かになったと言われます」
とのこと。

うーん、個人的には手作業でいまの工業製品の持つ精度を出せるものなのか、やや疑問なんだけど、まあ、そういう説明だった。

hasselblad_HV_06

チタン外装。とされているけれど、チタン成型ではなく、チタン塗装、α99より50g重いのは、塗装とルビー?

ライカのコンデジもそうだけど、そういうビジネスがあっても良いけれど、そこに未来は感じない。

hasselblad_HV_07

-ads-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください