映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

短期的にはAVCHD(DVD)、長期的にはBD

クマデジタルさん
短期的にはAVCHD(DVD)、長期的にはBDが良いと思います。

同意・・・と言いつつ、AVCHD(DVD)ってホントに他人に渡せるフォーマットなの?って疑念もぬぐえない。
だって、ワタシ、今現在、AVCHD(DVD)渡されたらお手上げだもんな〜
意外と再生インフラとしては、BDの方が普及早いんじゃないかと思うこの頃。

1つのソースからハイビジョンディスク(自分用)と普通のDVD(じじばば用)の両方を作成したい場合、編集が二度手間になるので

iMovie08はまだ手に入れてない(まずいだろ、オレ)
なんか手があるか、見てみます

Final Cut Studio使ってる場合は、Compressorで、HDとSDをバッチで両方書き出しちゃえばいいので、編集時はとにかく撮影フォーマット準拠でやっちゃえばいいので楽。
(混在の場合はProRes422で)

Compressorなんて難しそうで触りたくない、って場合は、Final Cut Proで、HDのシーケンスをSDシーケンスにドラッグ&ドロップすれば、画面のアスペクト比を維持したまま縮小してくれるので簡単だし(再レンダリングにはなる)。
iMovie08ではどーいう手があるかな。。。

Ads

Apple Store(Japan)

Comment (1)
  1. オリオン村 より:

    消費者不在のフォーマット戦争
    どうやらHD DVDが優勢だったはずの北米でも、BDが市場を占有し始めたようです。
    Blu-rayとHD DVDを巡る新展開 (8/10 AV Watch)
    どっちが優勢になろうが知ったことではないのですが、記事中にもあるとおり消費者不在のフォーマット戦争には辟易します。先日のコピーワンス問題も根本的な問題を置き去りにした10回コピーで決着しそうですし、次世代DVDを普及させるつもりが業界にはなさそうです。
    相変わらずDVDソフトはBDにせよHD DVDにせよ特典映像がDVDより劣るパッケージ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください