映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、ワタシの興味関心の向く モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006  このblogはアフィリエイト広告等の収益を得ています。収益はすべてモノローグに役立つ無駄遣いに使わせていただきます。

年度末にMacがいっぱい

Macにせよカメラにせよ、1台を開封するのはあんなにワクワクドキドキして楽しいのに、何十台になるとユーウツになるのは何故なのでしょう(笑)
早いもので、ワタシの大学着任のタイミング(正しくは学部改組のタイミング)で整備して頂いた専門演習室、メディア工房もリースアップを迎え、初のフルリプレイス。

Img_7322

様々な事情からギリギリになったものの、年度末に滑り込むように各種機材が続々と到着。
明日から工事が始まり、新年度の授業開始にむけてタイトな設置が行われます。
まあ、作業チームはワタシが全幅の信頼を置くチームなので大丈夫でしょう(笑)

問題は、主力艦隊ともいえる黒い三連星、もとい黒いMac Proがいまだ到着していないということでしょうか。
EOS 5D Mark IIは引退、EOS 5D Mark IIIが次期主力として配備。
ケーニッヒモンスターとして(?)C300、ジブアームはJIB30から新鋭艦JIB50へ

この辺は、後日。

–ads–

Filmmaker's Eye -映画のシーンに学ぶ構図と撮影術:原則とその破り方-

Filmmaker's Eye -映画のシーンに学ぶ構図と撮影術:原則とその破り方-

グスタボ・メルカード, Gustavo Mercado
Amazonの情報を掲載しています
4K&デジタルシネマ映像制作 (玄光社MOOK)

4K&デジタルシネマ映像制作 (玄光社MOOK)

2,750円(07/15 06:28時点)
Amazonの情報を掲載しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください