映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

XF56mm F1.2Rを開放で撮ってみる(EF50mm F1.2も)

先日、X-T1 & XF56mm F1.2Rで屋外ポートレートをアップしたら、なんだよ、開放絞りで撮ってないのかよ、と指摘された(^_^; ので、今回はXF56mm F1.2Rを開放で使った写真のみセレクト。比較用に?同じ時にキヤノンのEF50mm F1.2Lも使ってみた。

DSCF3255

f1.2 1/2700秒 ISO 800  X-T1 & XF56mm F1.2R
フォーカスは左目にあわせたら、右目はもうアウトフォーカス(笑)
柔らかさと解像感が両立していてとても良いと思う。

DSCF3542

f1.2 1/1100秒 ISO 400  X-T1 & XF56mm F1.2R

17753-282-294441

DSCF4005

f1.2 1/400秒 ISO 800  X-T1 & XF56mm F1.2R

C1B_8763

以前書いたように、キットズームより100gも重いレンズだけど、X-T1と合わせても850gと電池の入っていないEOS 5D Mark IIIよりも軽い大口径レンズセットとなる。
ちょっと気軽に、でも、ちゃんと撮りたいって気分に、とてもいいバランスに思う。

で、せっかくだからと、ワタシの持つレンズの中でもっとも明るいEF50mm F1.2LをEOS-1D Cにつけてみる。

C1B_9043

f1.2 1/320秒 ISO 100 EOS-1D C & EF50mm F1.2L

C1B_9309

f1.2 1/125秒 ISO 100 EOS-1D C & EF50mm F1.2L

モデルはすべてあこてぃん♡ (友人の妹さん)
なかなか引き出しの多い娘で素敵です。

個人的には慣れているせいかEOS-1D Cの方がAFと露出の歩留まりは良かった。
ただ、この組み合わせだと2.1kg超えるのよね(笑)

17753-282-294441

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください