映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

ちょっぴり不安。宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟

シリーズ最後に告知された新作劇場版、宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟 が予告篇(特報)公開

曲が白色彗星のテーマで、ナレーションでガトランティス、と言われると、げっ、さらば宇宙戦艦ヤマトやっちゃうの?と不安に思ったけど、公式サイトによれば
西暦2199年。ヤマトは大マゼランを後にしようとしていた。
目的地イスカンダルで〈コスモリバースシステム〉を受領したクルーたちの間には穏やかな空気が流れていた。
その矢先、ヤマトは大マゼラン外縁部で突如出現した謎の艦隊と遭遇する。
彼らは〈ガトランティス〉を名乗り、ヤマトの引き渡しを要求してくる。

と、オリジナルシリーズでも2199でもあっさりスルーされた帰路の話らしい。

20140516_154433

さらば、の大散華大会を見なくて済むのはほっとするけれど、一方で不安も(笑)
帰路のお話し、って、OVAのスピンアウト作品とか外伝なら面白いものできそうだけど、劇場映画、なんだよね?

最初の設定も固定され、ラストに続く物語も固定され、何も足さない、何も引かない(新設定は入らない、誰も死なない)なかで、どこまで広がりのある物語が展開できるのか、は、かなり厳しそうな気もする。

2199内ではガトランティスって、強力な軍事国家というよりは、引き立て役になっちゃってたからなあ(ホントはここで強大な艦隊力をみせつけておくと良かったと思う)。

あ、26話の再編集版も11月にでるらしい。
うーん

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください