映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、ワタシの興味関心の向く モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006  このblogはアフィリエイト広告等の収益を得ています。収益はすべてモノローグに役立つ無駄遣いに使わせていただきます。

Rinaty exhibition in Tokyo 2024

セルフポートレイトで実力も知名度も急拡大中のリナティさん、彼女初の東京個展、Rinaty exhibition in Tokyo が中野(ケンコー・トキナーギャラリー)と高円寺(ニッシンデジタルギャラリー)で同時開催中。
両ギャラリーは徒歩圏ですが、運悪くケンコー・トキナーギャラリーが休廊日だったのでニッシンギャラリーの方のみ。

美しいセルフポートレイトとユーモアのあるメイキング動画でメジャーになったRinatyさんですが、美しく楽しげな表だけ見ていると、彼女の実力を見誤ると思います。彼女のセルフ写真は「自撮り」が出発点なのは今回展示されている初めてのセルフ写真からも明らかですが、フレーミング、ポージングの妙は言うに及ばず、衣装、メイク、ライティングもすべてひとりで行い、膨大な機材を運ぶのも基本ひとりでやるという壮絶なワンオペフォトグラファーが彼女の真髄です。
ご縁があって何度かお話しさせてもらうのですが、今回も様々なコダワリと矜恃について聞かせていただきました。

CP+2024でも某社ブースで登壇だそうで、楽しみです。

Rinaty exhibition in Tokyo All over the wall
〜1月28日(日) 10:00-18:00 Nissin Digital

Rinaty exhibition in Tokyo -セルフで写す美しい世界-
〜1月29日(月)(DM、曜日間違ってますね)11:00-19:00 Kenko Tokina

–Ads–

愛おしきこの世界。This Beloved World

愛おしきこの世界。This Beloved World

東京カメラ部
3,080円(02/24 03:41時点)
Amazonの情報を掲載しています
コメント (2)
  1. Rinaty より:

    先日は個展にお越しいただきありがとうございました!
    残りの日も頑張りますね。

    1. SAIKA より:

      こちらこそ、様々な話しが聞けてとても良い個展でした。ケンコー会場にもなんとか伺いたいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください