映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Dyson 縦型掃除機用スタンドを買ってみた:ダイ・ステーション

うちの掃除機(のひとつ)はダイソンのコードレススティック型 Dyson V8 Fluffy
使い勝手も良く、音も(それまでのダイソンに較べ)静かになって愛用していますが、縦型掃除機は収納に困ります。
もちろんDysonのVシリーズは充電ブラケットが壁掛け出来る構造になっているけれど、壁にビス穴開けることになるので賃貸住宅だと難しいし、持ち家だとしても薄い壁では微妙で柱や内部に構造材のある壁が要るなどちょっと悩ましい。
なので、ダイソン掃除機専用スタンド ダイ・ステーションなるものを買ってみました。

Dy-station for Dyson_01

ダイ・ステーション
公式サイトは見つからないのだけど、Amazonや楽天で売っていて、比較的詳しい家具通販店のページによれば、「静岡の家具職人が制作する国産品」らしいです。

Dy-station for Dyson_02

組み立て式ですが、ビスを数個ドライバー締めするだけなので10分もかかりません。
カラーは先ほどの通販サイトだと3色ですが、4色あるようです(後述)。購入したモノはナチュラル。

Dy-station for Dyson_03

木製(合板製)でそこにDyson V8付属の充電ブラケット(あ、正しくは収納ブラケットですね)を装着する構造なので掃除機自体の装着感は純正(笑)。
V8以外にも V6 DC74 DC62 DC45 DC35 対応と書かれています。

Dy-station for Dyson_04

足元はV8パイプ装着時にピッタリ合わせてあって気持ちいい。

Dy-station for Dyson_05

本体と収納ブラケットの合わせ具合。

Dy-station for Dyson_06

もっと取って付けた感になるかと思ったけれど意外とイイ感じ。
写真にちらっと見える穴が

Dy-station for Dyson_07

充電用のACコードを背面に回してすっきり見せる形。この背面空間はホースを収納可能らしいですが、うちはそういうオプション持っていないので試せず。

Dy-station for Dyson_08

本体に開いた孔は、オプションのヘッド等を挿すカタチ。
これもいい発想だと思いました。

Dy-station for Dyson_09

と言うわけで、壁に穴を開けずに置き場所を変更しやすいスタンドとしては◎。Amazonでは同種の製品がいくつかありますが、このダイ・ステーションはおよそ1.5万円。
で、実は静岡県 藤枝市のふるさと納税返礼品になっていて、金額(寄付金額)が3万円。なので実質2千円となるのでした。
そしてふるさと納税ページで見ると、4色あるんですよね・・・。

–ads–

Amazonの同種製品ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください