映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

ビデオSALON 3月号はフジ X-H1速報とデジ一眼の高感度&ダイナミックレンジ比較

ビデオSALON 2018年3月号の見本誌が届く。
巻頭が先日、このブログでも書いたフジフイルムの新型 X-H1の映画フィルムシミュレーションについて速報。
特集がカメラはセンサー性能で選ぶ?デジタル一眼 高感度性能&ダイナミックレンジ比較

Videosalon_3_01

また、8ページも割いて、iMac Proの実力検証特集も。
レポートされているのは鈴木佑介氏。
Mac Pro(Late2013)より各種の性能は上か、と思うと、4年以上(!)時間の意味が分かってはいても複雑な気分になるが、意外と圧倒的じゃないか、我が軍は。状態では無く、いい勝負。まだまだMac Proは10ヶ月は戦えると思う一方で、iMac Proがいちばん安価なモデルだと知ると、まあ、ねえ。と思う。

Videosalon_3_02

ワタシと高田助手の連載 Final Cut Pro X Rebootはカラーマスクによる部分色補正。
モデルさんがいいので(笑)よろしくお願いいたします。

Videosalon_3_03

メイン特集のデジタル一眼 高感度性能&ダイナミックレンジ比較は、かなり本気でやった各社代表カメラでの比較記事。
発表されたばかりのFUJIFILM X-H1も入ってるのがすごいし、なによりすごいのが、試験したムービーデータのダウンロードサービスがあること。
解凍には特集最終ページにあるパスワードが必要になるものの、これは英断だと思う。
自分の眼で見たいですもんねえ。

Videosalon_3_04

ワタシのビデオSALON版mono-logue。アフターファイブ連載は、マンフロットのマグネット着脱式フィルターシステム XUME

Manfrotto XUEM from SAIKA on Vimeo.

NDフィルターを内蔵した機種の多い業務用ビデオカメラと異なり、一眼動ムービーはNDワークが手作業。この手間とそれに伴う撮影リズムの断絶を極小化するアイテムで、実はこのCP+2018用作例撮影のときに活躍。

CP+2018 Trailer from SAIKA on Vimeo.

陽が落ちる短い時間にNDワークを行う必要があって、これはかなり有効だった。
予算が出来たら、何枚か揃えようと思います。

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください