映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

クルマのシートの隙間を埋める

車内でのスマホ置き場シリーズ 番外篇。結局、iPhoneはサイドコンソール上に置きっぱなし運用が多いのですが、きつめのコーナーリング等でシートの隙間に落ちてしまうことがあります。クマデジタルさんも5年半前に
センターコンソールに最初から装備されている置き場は深さが浅くて、こうやって置いておくとコーナリング中ーにコロン!と飛んでって座席の下に潜ってしまったり大変なことになりやすい。と書いていますし。
ので、シートとコンソールのすきまを埋めてみました。

SUBARU XV Seat_03

ちなみに友人でじゃがりこフリークの某女子はすきまにじゃがりこをぶちまけるのが趣味のようで、サイドブレーキカバーを外すためのドライバーを車内に常備してあるそうです。

SUBARU XV Seat_04

そう、この隙間にものを落とすと手がはいらないですよねえ。

SUBARU XV Seat_05

で、スキマを埋めるクッション、なるものを買ってみました。

SUBARU XV Seat_06

もちろん、SUBARU純正とかXV適合品とかではなく、適当な汎用品。
まあ、クルマによってそこまで違わないだろうと。

SUBARU XV Seat_07

クッションの穴をシートベルト受けに差し込み

SUBARU XV Seat_08

クッション本体をシートとサイドコンソールの間にぐいぐいと押し込みます。

SUBARU XV Seat_09

だいたい埋めた状態。

SUBARU XV Seat_10

助手席側クッションあり。運転席側なし、の段階ですが、見た目、わかりません。

SUBARU XV Seat_11

これで、iPhoneはもちろん、小銭入れや鍵、じゃがりこが落ちることはなくなりました。

SUBARU XV & iPhone 7 Plus_07

両側、クッション埋めた状態。
この状態でシードの前後ポジション移動などは問題なくできます。

SUBARU XV Seat_12

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください