映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

Canon EOS R の初号機はガンダムじゃない

従来はプレス発表会の1〜2週間前に専門メディアの内覧会があるのが通例だった。のが、今回は一切無く、今日の発表がオフィシャルにはホントに初めてのリリースになった。
キヤノンの新しいマウント RFマウントと、その初号機、Canon EOS R。

Canon EOS R_01

発表会に呼んでいただいたので、速報的にファーストインプレッションを。
後日、ビデオSALON等でレビュー書く機会がある「かも」しれませんが、今日はホントに第一印象を。

Canon EOS R_02

私物のEOS 5D Mark III(左)とEOS R(右)。
思っていた以上にボリューム感の違いがあります。まあ、レンズが違うのでちょっとフェアではないですが。

Canon EOS R_03

RFレンズの先陣を切るRF24-105mm F4L IS USMをつけたEOS R。
ちなみにこの初号機にR1とかR5といったナンバーはない。
まあ、それはEOS M 初号機も同じで、2代目がEOS M2、M3、M5、M10・・・そしてEOS Kiss Mへ続いたので、次はR2?とか付くんだろう。

Canon EOS R_04

モードダイアルはなくなってシンプルな電源ダイアルに。
マイク孔が前面でなく上面にあるのはEOS M的。
個人的にはストラップホールのデザインと実装方法が変わったのが新鮮。

Canon EOS R_05

右肩。従来のEOSと似ているようで実際は大きな変化。
サブ電子ダイヤルはまるで他社製のように上面へ。これは新機能のマルチファンクションバーと親指を共有するためのデザインだと思うけれど、慣れるまでは戸惑いそう。
ちなみに前面に絞り込みボタンはない。(機能をどこかのボタンに割り当て可能)

Canon EOS R_06

サイドビュー
マウント部の金属が美しい。
これ「マウントコアデザイン」というデザインフィロソフィーらしい。

Canon EOS R_07

つまりRFレンズにはエンプラマウントレンズを出さないという意思表明?
ちなみにレンズを外す(電源オフ)とシャッターが閉じてCMOSセンサー部を覆う仕様。
これは◎

Canon EOS R_08

RFレンズの操作性、そして俊敏なAFは小気味よい。
でも、このRF24-105mmのラバー部の途中で段がある意匠ってどうなんだろう・・。

EOS R 初号機はガンダムではなくジムだった感は拭えないけど、連邦のモビルスーツが凄そうなのは分かった。
と帰宅しながらTwitterに呟いたら、マンフロットジャパン公式さんが、本日のマンフロット賞をくれた!(笑)

マンフロット賞ざぶとんを集めるといいことがあると良いなあ

マウントアダプターや縦位置グリップ、ニコン機との比較は明日にでも。
取りあえず初日の速報でした。とがんばって書いたけれど、ああ、日付が変わっていた。

EOS R : 4Kクロップの残念とマウントアダプターの◎と に続きます

–ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください