映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

さよなら、好きだったよ トリニトロン

思わせぶりなタイトルすみません(笑)

トリニトロンの歴史に幕=ブラウン管、今月末で生産終了−ソニー

とうとう、本当にお別れの日がやってきた。
リビングのTVとしての正式のお付き合いは、昨年12月に止めて別れ
代わりにREGZAとお付き合いをしているが、

Trinitron_01

実は書斎のモニターは、まだPVMと付き合っていたのだ。
もちろん、本家が見限ったとはいえ、PVMと今すぐ別れるつもりはないが、まあ、将来を語り合える仲でなくなったのは事実(笑)

Trinitron_02

思えば、PROFEEL Basicから初めて、21inch PROFEEL PRO ,32inch PROFEEL 16×9と、ワタシのブラウン管とのつきあいはすべてがプロフィール姉妹だった。

Trinitron_03

その刷り込みから、AV機器を買うときは、(結果的には他社製品を選んだとしても)つねに、ソニー製品を第1候補にしていたものだ。
今回の発表で、その呪縛から解き放たれたように思う(笑)
これからは、一メーカーとして、普通にお付き合いしましょう > SONY

さよなら、トリニトロン。
ありがとう、ほんとに、好きだったよ。

–ADs–

コメント (1)
  1. nakamekko より:

    トリニトロンとPROFEEL PRO
    「トリニトロン」テレビの歴史に幕=ブラウン管、今月末で生産終了−ソニー
    残念、とは思わないですけど
    我が家では未だにソニーのトリニトロンの大傑作とされる
    PROFEEL PRO (プロフィールプロ) の29インチ(KX-29HV3 '97)を使っています。
    引っ越し前なので、スピーカーを取り付けてありますが
    スピーカーは外付けですからね。
    画質の良さや調整の追い込みが好評だった「家庭用モニタ」という謎ジャンル製品ですが、
    なによりこのキュービックなデザインが完璧でしょ。…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください