映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

赤いRadeonか青いRadeonか

これもMacお宝経由だが、ようやく
ATI Radeon HD 3870 Mac & PC Editionが流通しだしたようだ。

アスクが発売開始、秋葉館が並行輸入版の販売開始。

欲しいなあ、と見ていたら。

3870

アスクの製品写真(手前)は、赤いカード。秋葉館(奥)のは青いカードだ

リファレンスデザインはアスクのだと思うが、青いのもいいよねえ。
例え赤いのが3倍速いと言ったって、ザクとは違うのだよ、ザクとは。って言えるし。
漢ならランバラル・モデルでしょう(なんか違う?)

欲しいなあ。Radeon HD 3870
ほんとは買う気まんまんだったのだけど、Winでは同等の価格で4870が熱い戦いを展開中。
この比較表を見ると、ちょっと哀しい。

コメント (4)
  1. uradora64 より:

    私は青いのを買ったのですが、これ取り付けてみるとメモリのカバーにスレスレ…というか、わずかではありますがカスっていて精神衛生上よくありません。
    今のところ問題なさそうなので、そのままにしてありますが、MacProのPCI Expresssスロット最下段は何であんなに余裕のないことになっちゃってるんでしょうね?

  2. SAIKA より:

    uradora64さん
    ああ、あのスロット、もともとタイトですよねえ。
    なるほど、青いのにするときは要注意ですね
    って、赤いのもおんなじかも・・

  3. uradora64 より:

    ファン部分を基盤裏から留めてるネジの部分がX1900よりもわずかに「高さ」があって、それで干渉しちゃうんですよね。
    でも、赤い奴だとファン部分が違うので(逆になってます)ネジの高さも違うかもしれませんよ?(笑)

  4. SAIKA より:

    なるほど、ちなみに新情報を入手したので、あとで書きます〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください