映像編集をメインとしたMacintoshとカメラ、さらにAV機器から愛用のカバンや時計まで、 モノ関係の欲望とレビューのモノローグ SINCE 2006

HDの店頭デモ

昨日、仕事帰りにヨドバシに寄ったら(何も買ってませんよ)
ビデオカメラコーナーのはじっこで、
パナのSD1サンヨーのHD1Aが、隣同士(か、近くだったか)で、展示されていた。

Pana_1

それぞれ、SD1(HD1A)で撮りました、と言って、液晶テレビに映像を流していたのだが・・・

HD1Aは、子供が公園(滑り台)で遊んでいる映像。
誰が撮ったのか知らないけど、滑り台の赤は飽和してるし、輝度も不安定に変化する。
SD1は、ディズニーランドのパレード風景(昼間)。
丁寧なカメラワーク、明らかにプロの撮影によるもの。
オフィシャルスポンサーは、販促活動にもTDLの映像を使えるのか、と変な感心をしてしまったが、それはされおき、デモ映像の訴求力の差は明らか。

よく見ると、SD1もキャストの肌が半分飛んでるとか、スパンコール(?)部分に圧縮ノイズらしきもの、とか、気になるトコはあるんだけど、誰が見たって、圧倒的にキレイに見えるのはSD1。

そりゃ、SD1はキレイだとは思うけど、これはHD1Aが敵に塩を送るような販促サンプル出している自殺点だよなあ。

–Ads–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください